Menu
(0)

Search

「スタン・リー通り」ニューヨーク・ブロンクスに誕生へ ─ 市議会が提案を承認、故人の名誉称える

スタン・リー
©THE RIVER

マーベル・コミックをはじめ、アメリカン・コミックの巨匠として知られる故スタン・リーの名前を冠した通りが、ニューヨーク・ブロンクスに誕生することになりそうだ。

米New York Postによると、ニューヨーク市議会は、ブロンクスにある「ユニバーシティ・アベニュー」の、ブラント・プレイスと176ストリートの間にあたる区間に「スタン・リー通り(Stan Lee Way)」との名称を付加するという提案を承認した。今後、ビル・デブラシオ市長による承認を得て、正式に「スタン・リー通り」が誕生することになる。

かつて、スタンはブロンクスのユニバーシティ・アベニューの延長上に住まいを構え、デウィット・クリントン・ハイスクールに通学していた。いわば、ブロンクスはスタンにとっても“ゆかりの地”というわけだ。

2018年11月にこの世を去ったスタン・リーは、スパイダーマンやX-MEN、アイアンマン、ソーなどマーベルの有名ヒーローを数多く生み出した。常に時代や社会を照らし出すキャラクターとストーリーで多くの読者に愛され、名実ともにアメコミ界の“レジェンド”として親しまれたクリエイターである。マーベル・シネマティック・ユニバース作品をはじめ数多くの映画にカメオ出演し、コミックファン以外にも顔と名前を知られる存在となっていた。

なお2019年5月には、功績を称えるスタン・リー像をニューヨークに設置したいとの署名活動がオンラインで実施されていることもお伝えしている。2019年7月25日時点で署名者数は12万8,000人を突破しているが、目標は15万人とのこと。詳しくは以下の記事をご確認いただければ幸いである。

あわせて読みたい

Sources: New York Post, FOX 5

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly