Menu
(0)

Search

『僕たちのラストステージ』予告編&ポスターが到着 ─ 伝説の「極楽コンビ」笑いと哀愁の晩年

僕たちのラストステージ
© eOne Features (S&O) Limited, British Broadcasting Corporation 2018

ゴールデン・グローブ賞にてジョン・C・ライリー、英国アカデミー(BAFTA)賞にてスティーヴ・クーガンがそれぞれ主演男優賞にノミネートされ、全英初登場1位を記録した映画『僕たちのラストステージ』が2019年4月19日(金)より新宿ピカデリーほか全国順次公開される。このたび、本作の予告映像&本ビジュアルが到着した。


本作は、ハリウッドでサイレント期からトーキー期にかけて活躍した伝説のお笑いコンビ、ローレル&ハーディ(極楽コンビ)の晩年の実話を描いた感動作。細身で皮肉屋のスタン・ローレルを演じるのは、『あなたを抱きしめる日まで』(2013)の英国俳優スティーヴ・クーガン。ふくよかで陽気なオリバー・ハーディを演じるのは、『シカゴ』(2002)でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされた米国出身のジョン・C・ライリーだ。批評家からも高く評価されており、米国の映画批評サイト「Rotten Tomatoes」では、英米公開後に94%フレッシュ(2019年1月18日時点)を記録した。

Stan&Ollie(原題)
© eOne Features (S&O) Limited, British Broadcasting Corporation 2018

公開されたポスタービジュアルは、ローレル&ハーディが鮮やかな赤色のカーテンを背景に笑顔で手を取り合う2ショットと、満席の会場を前にスポットライトを浴びた二人のバックショットが組み合わされたもの。ショービジネスの華やかさだけでなく、その裏側をも経験した二人の哀愁も感じさせるビジュアルに仕上がっている。

一方の予告編では、ハリウッドで映画館を満席にして観客を楽しませていた全盛期から一転、再起をかけて臨んだイギリスツアーは空席ばかりでどこもガラガラ。自分たちが過去の存在になった事実に直面し、コンビ解散の危機に陥るなどシリアスなシーンが続くも、どんな状況でも互いを想い合い、持ち前のテクニックでステージに立ち続ける二人の友情と絆が示される。

僕たちのラストステージ
© eOne Features (S&O) Limited, British Broadcasting Corporation 2018

共に人生を歩んできた二人が、人生の晩年において友情や舞台の大切さに気付いていく。映画そのものが「ローレル&ハーディ」の作品かのように、人生の可笑しみと哀しさ、素晴らしさをユーモラスに描いた、愛おしいヒューマンコメディだ。脚本を執筆したのは『あなたを抱きしめる日まで』をスティーヴ・クーガンと共に担当したジェフ・ホープ。監督は『フィルス』(2013)のジョン・S・ベアードが務めた。

僕たちのラストステージ
© eOne Features (S&O) Limited, British Broadcasting Corporation 2018

映画『僕たちのラストステージ』は2019年4月19日(金) 新宿ピカデリーほか全国順次公開

『僕たちのラストステージ』公式サイト:http://laststage-movie.com/

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly