Menu
(0)

Search

『スター・トレック』新作映画の米公開が半年延期、2023年12月へ

スター・トレック
Photo by Eva Rinaldi https://www.flickr.com/photos/evarinaldiphotography/8675254818/ Remixed by THE RIVER

詳細不明の『スター・トレック』新作映画の米公開予定が半年延期になることがわかった。Deadlineが伝えた。

2023年6月9日を予定していたが、同年12月22日へと動いている。

タイトル未定の本作では、「ワンダヴィジョン」(2021)のマット・シャクマンが監督を務める。脚本は『カオス・ウォーキング』(2021)のリンジー・ビアーと『キャプテン・マーベル』(2019)のジェニーヴァ・ロバートソン=ドウォレット。製作はJ・J・エイブラムス率いる米Bad Robotと米パラマウント・ピクチャーズ。

『スター・トレック』は2009年よりJ・J・エイブラムスが監督を務める新シリーズ(ケルヴィン・タイムライン)が製作されているが、この度の新作がその続編となるのか、あるいは設定やキャストを一新するリブート作となるのかは定かでない。キャスティングも不明だ。撮影は2022年春に開始されると伝えられていた。

当初の米公開予定日だった2023年6月9日には、同じく延期の形で同社の『トランスフォーマー/ビースト覚醒』が移動してきている

なお『スター・トレック』新作映画は本作のほか、「スター・トレック:ディスカバリー」などの脚本家カリンダ・ヴァスケスが登板する別の企画の存在も判明している。

Source:Deadline

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly