Menu
(0)

Search

『スター・ウォーズ』新アニメシリーズ「Star Wars: The Bad Batch」製作発表 ─ Disney+にて2021年配信開始

Star Wars: The Bad Batch
https://twitter.com/starwars/status/1282712959513321484?s=2021484?s=20

スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」(2008-2020)がシーズン7にて終幕を迎えたばかりだが、「Star Wars: The Bad Batch(原題)」という“新たなるアニメシリーズ”製作されていることがわかった。Disney +にて2021年内に配信予定だ。

「Star Wars: The Bad Batch」は、「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」シーズン7にて初登場した、異端で並外れた能力を誇るメンバーから成る不良分隊(バッド・バッチ)と呼ばれるエリート部隊“クローン・フォース99”を捉えた作品。本作ではクローン戦争終結の直後、急速に変化する銀河系を舞台に、不良分隊が新たな目的を見つけることに苦労しながらも、大胆な傭兵任務に挑む姿が描かれるという。

製作総指揮には『スター・ウォーズ』の重鎮たちが集結。「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」「マンダロリアン」(2019-)などのデイヴ・フィローニ、「スター・ウォーズ レジスタンス」(2018-2020)のアシーナ・ポルティーヨジェニファー・コーベット、「スター・ウォーズ 反乱者たち」(2014-2018)のブラッド・ラウなどが就任している。ラウは監修、コーベットは脚本家も兼任するようだ。

なお、Disney+のコンテンツ部門の上席副社長アグネス・チューは、本作の製作発表に併せて以下のような声明を発表している。

「新規ファンと既存ファンに『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』の最終シーズンを提供できたことはDisney+にとって名誉であり、我々はこの画期的なシリーズに対する世界的な反応に大変喜びを感じております。『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』は完結したかもしれませんが、ルーカス・フィルム・アニメーションの素晴らしい作家やアーティストとのパートナーシップはまだ始まったばかりに過ぎません。『バッド・バッチ』の次なる冒険を通して、デイブ・フィローニのビジョンに命を吹き込めることに興奮しています。」

アニメ「Star Wars: The Bad Batch(原題)」は、Disney +にて2021年内配信予定。

Source: Star Wars

Writer

南 侑李
Minami南 侑李

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly