Menu
(0)

Search

ジョージ・ルーカス、アニメ「ダフィー・ウォーズ」を『スター・ウォーズ』全上映前に流そうとしていた

ジョージ・ルーカス
Photo by James Santelli/Neon Tommy https://www.flickr.com/photos/neontommy/6339542462

遠い昔、はるか彼方の銀河系ではなく、遠い未来の地球を舞台にしたアニメダフィー・ウォーズ」(1953)は、「The 50 Greatest Cartoons」というアニメ業界人の選ぶランキングで第4位にも選出されている名作である。そんな伝説的作品を、ジョージ・ルーカスは、『スター・ウォーズ』の上映前に必ず流そうとしていたのだという。

「ダフィー・ウォーズ」とは、地球の危機を救うために宇宙からやってきた戦士、ダック・ドジャース(ダフィー・ダック)を描く短編作品。ちなみにダフィー・ダックとは、ワーナー・ブラザースによるアニメ「ルーニー・テューンズ」のキャラクターのひとりである。

『スター・ウォーズ』とは無縁そうな作品だが、果たして本編上映前に流したかった理由は何なのか。ルーク・スカイウォーカー役で知られる、マーク・ハミルTwitterにて、「『スター・ウォーズ』の全ての上映前に、ジョージはダフィー・ダックのクラシックなアニメを流したいと切実に思っていました」と説明している。「シリアスな作品ではないと観客に事前に伝え、緊張を解く役割として」。

ルーカスは、『スター・ウォーズ』シリーズを12歳の子供向けの作品であると過去に明かしていた。そのことからも、「ダフィー・ウォーズ」は本作に相応しい作品だったと言えるわけだ。とはいえハミルによると、権利上の問題で実現は難しかったのだという。「上映する権利を得られず、実現することが出来ないと知った時はガッカリしました」。

Source: Mark Hamill

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly