Menu
(0)

Search

ホラーの帝王、スティーヴン・キングが怖くて最後まで観られなかった映画とは ─「消してくれ」

スティーヴン・キング
CC BY 3.0 | Porter Square Books https://www.youtube.com/watch?v=3UjQPXQ7TKU

『キャリー』『シャイニング』などでおなじみのホラーの帝王、スティーヴン・キング。作品を発表するたびに読者を恐怖の底に突き落としてきたわけだが、そんなホラー界の巨匠自身が怖がることはあるのだろうか?

Eli Roth’s History of Horror(Dread Central経由)のインタビューにてキングは、最後まで観られないほどの恐怖映画がこの世に存在していたことを打ち明けている。その映画というのが、『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』(1999)。超低予算製作の作品でありながら空前のヒットとなった『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』は、魔女伝説を題材にした作品を撮影するため、森に入った学生たちに直面する恐怖を描いた映画だ。

本作の特徴は、ファウンド・フッテージというジャンルであること。モキュメンタリーの一種で、行方不明となった学生たちによる動画をそのまま編集して映画化したという設定となっている。そんな異色の映画をはじめて観たときについてキングは、「それは病院にいたときのことで、処方された薬のせいで頭がぼんやりしていました。VHSを息子が持ってきて、“これは観た方がいい”と勧められたんです」と説明した。

『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』の鑑賞当時、キングはミニバンにはねられるという事故に遭ったばかりだった。そのことや薬が処方されていることも相まってか、あまりの恐怖に途中で「“怖すぎるから消してくれ”と息子に言いました」と述べている。なおComicbook.comによると、キングによるノンフィクション『死の舞踏』の中で、『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』は「とにかくリアル」「最悪な悪夢のよう」と評されているのだという。あのキングにここまで言わせるほどの恐怖を描いた本作。未鑑賞の方は、コンディションを整えてから観てみては……?

Source:Dread CentralComicbook.com

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly