Menu
(0)

Search

ウィノナ・ライダー、「ストレンジャー・シングス」が描く80年代の正確性をチェックしていた

ストレンジャー・シングス
STRANGER THINGS. (L to R) Winona Ryder as Joyce Byers and Brett Gelman as Murray Bauman in STRANGER THINGS. Cr. Courtesy of Netflix © 2022

Netflixシリーズストレンジャー・シングス 未知の世界」(2016−)といえば、80年代のSF・ホラー映画へのオマージュがふんだんに盛り込まれ、当時の世界観を味わえるのも魅力の一つだ。1983年を舞台にスタートした同シリーズは、新章シーズン4で1986年に突入。忠実に再現した80年代アメリカはクリエイターのダファー兄弟によるこだわりの賜物であるが、実はジョイス役のウィノナ・ライダーも時代考証に一役買っているようだ。ホッパー役を演じるデヴィッド・ハーバーは、ライダーが脚本の歴史上の誤りを指摘することがあると、米Harper’s BAZAARのインタビューで明かしている。

「彼女は頭の回転が速く、隅々まで目が届いているのは驚きです。ダファー兄弟に「この曲は85年に発表されたのに、83年に存在してしまってる」と指摘したんです。彼らが知らないような微細で小さなディテールを彼女はすべて知っていて、それを基に脚本を変えなければなりませんでした。」

1984年生まれのダファー兄弟だが、「ストレンジャー・シングス」の子供たちと同年代のころは1990年代だったため、本人たちいわく「どちらかといえば90年代の子供」。しかし、映画ファンになったきっかけは80年代の映画であり、この時代にノスタルジアを感じると米Netflix Queueに語っている。

一方、ライダーは1971年に生まれ、14歳の時に『ルーカスの初恋メモリー』(1986)で映画デビュー。その後『ビートルジュース』(1988)、『ヘザース/ベロニカの熱い日』(1989)、『シザーハンズ』(1990)と着実にキャリアを拡大させ、80年代ポップカルチャーに深く関わってきた人物だ。映画やテレビから得た知識ではなく、当時のティーンエイジャーとして80年代にどっぷり浸かったライダーは、「ストレンジャー・シングス」の世界観を作り上げるのに大きく貢献しているに違いない。

Source:Harper’s BAZAAR,Netflix Queue

Writer

Kyoko
KyokoKyoko Okajima

アメリカ留学、大手動画配信サービスの社員を経て、ライターに転身。海外ドラマが大好きで、永遠のNo.1は『ブレイキング・バッド』と『ベター・コール・ソウル』。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly