Menu
(0)

Search

「ストレンジャー・シングス」シーズン4、ホッパーの知られざる過去が明かされる ─ シーズン2に登場した謎の箱が鍵に

「ストレンジャー・シングス 未知の世界」 ホッパー
Netflixオリジナルシリーズ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」独占配信中

Netflixオリジナルシリーズ「ストレンジャー・シングスシーズン4では、ジム・ホッパーのバックストーリーが描かれるようだ。

「ストレンジャー・シングス」は、ホーキンスで次々と発生する怪奇、姿を現す凶暴な怪物たち、そしてその裏に潜む大がかりな陰謀が複雑に絡み合う物語を描く作品。シーズン3では、衝撃の運命が描かれた保安官のホッパーだが、シーズン4ではロシアの刑務所に丸坊主姿で再登場することが判明済み。そんな彼を演じたデヴィッド・ハーバーが、Entertainment Tonightにてシーズン4でのホッパーについて話している。

「シーズン4には楽しい要素もありますが、これまでに描かれたことのないような重いドラマもあります。ホッパーの最も弱い部分を多く見ることができ、屋根裏に置いてあった箱でほのめかされていただけの彼の背景が明らかにされるでしょう。そして彼の生まれ変わった姿を見ることができます。」

ほのめかされていた要素というのは、おそらくシーズン2にてイレブンがホッパーと暮らす家の中で発見した、「パパ」「ニューヨーク」「ベトナム」「ホーキンス研究所」と書かれた謎の箱のことだろう。ホッパーといえば、ホーキンス警察署に務める前までは別の場所で妻娘と暮らしていた。しかし娘を癌で亡くしてしまい、妻とも別れるという悲しい運命を辿ってきたのだ。シーズン4ではそんな亡き娘との思い出や、ホーキンス警察署で務める前までの知られざる背景が描かれるのかもしれない。ちなみに、ファンのあいだではこの娘は実は死んでおらず、イレブンなのではないかという説も存在するため、バックストーリーの展開が気になるばかりだ。

デヴィッド・ハーバーはホッパーには弱さと同時に、ロシアで生き残るために必要な残忍さも兼ね備えています。彼の別の一面を見ることができ、それが私のお気に入りの要素です」とも話している。ホッパーは厳しい性格の持ち主ではあるが、イレブンをはじめ子供たちや町の平和を守るため自らの命を犠牲にすることも惜しまないような男だ。しかしこの話を聞く限りだと、ホッパーにもダークな一面があることを予感させる。

なおシーズン4で明かされることになる彼の背景は、シーズン1の製作時点から考えられていたことだったようだ。「シーズン4で非常に大きな役割を果たすことになる要素は、シーズン1のときから知っていました。“これは面白いことになるのでは?”と、ダファー兄弟と撮影開始直後から話していたのです」。とはいえ、シリーズを継続できるとはこの時点では思いもしなかったようで、「このシーズンでついに実現できた」と感慨深い様子。5年前から考えられていた構想が実現したシーズン4は、2022年配信予定とされている。

あわせて読みたい

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly