Menu
(0)

Search

「ストレンジャー・シングス」舞台化決定 ─ 『ハリー・ポッターと呪いの子』製作者が手がける

ストレンジャー・シングス
Netflixシリーズ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」シーズン4 Vol.1:独占配信中、Vol.2:2022年7月1日(金)独占配信開始

Netflixの大ヒットシリーズストレンジャー・シングス 未知の世界」が舞台化されることがわかった。米Deadlineが報じている。

舞台版「ストレンジャー・シングス」は、シリーズの脚本・監督・製作総指揮を務めるダファー兄弟が新たに設立した製作会社・Upside Down PicturesがNetflixと共同製作するもの。ストーリーは「『ストレンジャー・シングス』の世界観と物語のなかで」描かれるというから、ドラマに基づくオリジナル・ストーリーとなる可能性が高そうだ。

プロデューサーは舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』を2016年の世界初演から手がけるソニア・フリードマン、『リトル・ダンサー』(2000)『愛を読むひと』(2008)などで映画監督としても知られる演出家のスティーブン・ダルドリー。脚本は「ストレンジャー・シングス」で製作・脚本を務め、シーズン4「第5章 ニーナ計画」を執筆したケイト・トレフリーが担当する。

現時点で企画の詳細はわかっておらず、キャスティング情報や、ドラマのキャラクターが舞台版に登場するかは不明。ダファー兄弟の関与についても詳細は不明だが、ふたりと共同でシリーズを手がけるショーン・レヴィの製作会社・21 Laps Entertainmentがアソシエイト・プロデューサーとして参加する。

「ストレンジャー・シングス」シーズン4は2022年5月27日にVol.1の配信が開始されるや、ユーザーの総視聴時間が1週間(5月30日~6月5日)で1.2億時間を突破し、ストリーミング・サービスの歴代記録を大幅に更新。7月1日にはVol.2の配信がスタートし、やはり世界的に大きな話題を呼んでいる。世界初演の暁には、『ハリー・ポッターと呪いの子』にも匹敵するプレミア・チケットとなりうるだろう。

なお、「ストレンジャー・シングス」は来たるシーズン5をもって完結予定。脚本は2022年8月から執筆され、配信は2024年になると予測されているが、舞台版がシーズン5と並行して進むのか、あるいはシリーズ完結後の本格始動となるのかも興行的には大きなポイントとなりそうだ。

Netflixシリーズ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」は、シーズン1〜4まで独占配信中。

Source: Deadline, The Hollywood Reporter

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly