Menu
(0)

Search

『イコライザー』監督、マーベルのケヴィン・ファイギとの面会認める ─ 「機会があれば、やりたい」

デンゼル・ワシントン主演の人気アクション『イコライザー』シリーズなどで知られるアントワーン・フークア監督が、マーベル・スタジオ社長ケヴィン・ファイギと面会を行っていたことをTHE RIVERに認めた。

フークア監督は『トレーニング デイ』(2001)で注目され、『ザ・シューター/極大射程』(2006)『エンド・オブ・ホワイトハウス』(2013)『マグニフィセント・セブン』(2016)などの骨太なアクション映画で脚光を浴びる。2022年公開の『ブレット・トレイン』でも製作を務めたほか、クリス・プラット主演のドラマ「ターミナル・リスト」ではエピソード監督と製作総指揮を手掛けた。

実はフークア監督は、『ブラックパンサー』『モービウス』に監督として打診されていたこともある。2018年にはケヴィン・ファイギと面会の約束があることを明かしており、何らかの企画への関与が期待されていた。

しかし、その後フークア監督はマーベル作品との接点を持っていない。そこでTHE RIVERが「今もスーパーヒーロー映画に関心はありますか」と尋ねたところ、「確かにケヴィンとは話しました。素晴らしい方でした」と認めた。

フークア監督は「マーベルの世界には大きなリスペクトがあります。とてもユニークな世界ですよね」と称え、「自分が向いているかはわからないけれど」としながらも「観ていて楽しいです」と続けている。さらに「もし良い機会があって、僕やケヴィンや皆さんも興奮できるものであれば、やりたいですね」と前向きな姿勢も示した。

フークア監督はハードボイルドな作風が持ち味。ファンタジックなヒーローよりも、リアル路線のアンチヒーローとの相性が良さそうだ。例えば、パニッシャーをフークア監督が蘇らせる……なんて案はどうだろう。

Amazon Originalドラマ「ターミナル・リスト」は、Prime Videoにて独占配信中。

フルインタビューはこちら

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。運営から記事執筆・取材まで。数多くのハリウッドスターにインタビューさせていただきました。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly