Menu
(0)

Search

悪党共は帰ってくる!早くも続編『スーサイド・スクワッド2』制作の噂 2017年制作開始か?

スーパーヒーロー映画には続編がつきもの。たとえそれが公開前であろうが、スタジオは大風呂敷を広げて続編の可能性や予定について示唆する。リブート版『ファンタスティック・フォー』や『アメイジング・スパイダーマン』、さらにそこから派生する『シニスター・シックス』シリーズなど、結局プロジェクトが白紙化したり頓挫した事例はあったものの、彼らはドル箱作品をそうやすやすと手放す事はない。

DCEUの悪党共がチームを結成する『スーサイド・スクワッド』も、その例に漏れないようだ。いま、海外ポップカルチャー系メディアでは、ワーナー・ブラザーズが『スーサイド・スクワッド2』の制作を早ければ2017年中に開始することを望んでいるという噂でにわかに色めき立っている。

事の発端は、The Wrapというメディアの記事。『スーサイド・スクワッド』のデヴィッド・エアー監督はこの後、デッドショット役で同作のメインキャラクターとして登場するウィル・スミスと共に新作映画”Bright”の制作を予定している。こちらは、警官スリラーものだという事だ。
ジョエル・エドガートンも出演するこの”Bright”の制作予定を報じる記事内に、さり気なく書かれたこんな一文が話題となっている。

「エアー監督はこのプロジェクトを今年秋のスケジュールに落とし込みたい。ワーナー・ブラザーズが2017年に、彼とウィル・スミスを”スーサイド・スクワッド”続編に戻す前に。」

これはつまり、ワーナーが早くとも2017年にデヴィッド・エアー監督続投による続編を予定しているという事なのでは、という事で複数のメディアがこの記事を拡散している。中には「つまり”スーサイド・スクワッド”劇中でウィル・スミス演じるデッドショットは死なない、ということだ」と推定するメディアや、『スーサイド・スクワッド2』に登場するキャラクターは誰?と予想する記事も早くもアップされている。

今はまだまだウワサの域を出ない情報ではあるが、順当に考えてスースク2の続編制作はありえない話ではない。DCEUは既に2020年までの新作公開予定を発表しており、ここにスースク2をねじ込むのであればまずどれかが先延ばしにされるか、もしくは2020年以降となりそうだが、それも全て映画の興行収入次第といったところであろう。

映画『スーサイド・スクワッド』全米公開はいよいよ8月5日全米公開。日本公開は9月10日まで待たなくてはならない。

Source:http://www.thewrap.com/will-smith-joel-edgerton-to-star-in-david-ayers-cop-thriller-bright/

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly