『スーサイド・スクワッド』さらに進撃!今度は『アイアンマン』超えで米国収入ランキングのトップ50入り!

映画スーサイド・スクワッド』がまだまだ快調だ。全米で8月5日に公開されてからというもの、悪評をものともせずに大ヒットを続けており、ついに全世界の興行収入は約7億3,000万ドルを突破した。

すでに興行収入で『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』を超えている同作だが、そのニュースが報じられてから約10日間でさらに1,000万ドル以上を稼いでいる。とうとう『アイアンマン』の興行収入も突破して、米国収入ランキングの上位に食い込んできた。

『スーサイド・スクワッド』興行収入が大逆転の『キャプテン・アメリカ』超え!絶対不利の理由とは

『バットマン vs スーパーマン』超えなるか?

『スーサイド・スクワッド』は現在、アメリカ国内で約3億1,877万ドルの興行収入を記録している。これが全世界単位となると約7億3,100万ドルに跳ね上がるのだ。2008年の『アイアンマン』第1作はアメリカ国内の収入が約3億1,841万ドルで終わっているため、すでに成績をやや上回っている。

『アイアンマン』の記録を超えたことで、『スーサイド・スクワッド』は全米の歴代興行収入ランキングで第50位にランクインした。49位は『トランスフォーマー』の約3億1,924万ドルなので、この数字を今後上回ることもありそうだ。ちなみに46位には“DC映画の先輩”である『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』が約3億3,036万ドルでランクインしている。今からアメリカ国内だけで約1,200万ドルを稼ぐのは難しそうだが……。

最も近い記録を持つマーベル・シネマティック・ユニバース作品としては、45位に『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』がランクイン。こちらは約3億3,317万ドルを稼いでいる。

MCU第1作にして3億ドルを稼いだ『アイアンマン』もスゴい……。 http://www.uproarcomics.co.uk/what-would-superman-iron-man-or-captain-america-do-if-they-won-the-lottery/

MCU第1作にして3億ドルを稼いだ『アイアンマン』もスゴい……。
http://www.uproarcomics.co.uk/what-would-superman-iron-man-or-captain-america-do-if-they-won-the-lottery/

なおアメコミ映画のトップは第5位の『アベンジャーズ』と第6位の『ダークナイト』だが、『アベンジャーズ』が約6億2,335万ドルを稼いだのに対して『ダークナイト』は約5億3,485万ドルとやや控えめ。ただし『アイアンマン』第1作と『ダークナイト』が同じ2008年の作品だったことを思うと、マーベルとDCの関係がすっかり逆転したことを思い知らされるランキングだ。

ちなみに堂々の第1位に輝いているのはスター・ウォーズ/フォースの覚醒』で約9億3,662万ドル。ちょっと格が違いすぎる……。

source: https://www.comicbookmovie.com/suicide_squad/suicide-squad-passes-iron-man-to-become-one-of-the-top-50-highest-a145526
http://www.boxofficemojo.com/alltime/domestic.htm
http://www.boxofficemojo.com/movies/?id=dc2016.htm

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。