『スーサイド・スクワッド』全11キャラの紹介動画が日本初公開!あなたのお気に入りは誰?

2016年9月10日に日本でも公開され、ジョーカーやハーレイ・クインといったキャッチーでクレイジーなキャラクターたちも劇場人気に一役買ったDC映画スーサイド・スクワッド。アメコミ・ファンや洋画ファン以外の層の間でも大きな話題となった。

同作の見どころといえば、個性突き抜けまくりなキャラクターが存分に暴れまわるキャラモノ的要素が真っ先に挙げられるだろう。脚本については賛否が別れたものの、コミックの長い歴史とともに熟成されたメンバーたちがカラフルに活躍するアクション・シークエンスや、彼らのユニークな掛け合いは多くの観客を楽しませた。

そんなスーサイド・スクワッドの面々も、広い広いDCの世界に属する一員。海外では『DC All Access』というスマホ・アプリがリリースされており、ホストのジェイソン・インマンが各キャラクターの特徴をコミックでの設定などと一緒に動画で軽快に紹介している。

『DC All Access』内『スーサイド・スクワッド』のキャラ紹介動画については、これまで英語版のみがアプリ限定で配信されていた。この度、日本のファンに向けて日本語字幕と共に『スーサイド・スクワッド』全11人のキャラクター紹介動画がついに解禁となったので、ここで全て紹介しよう。

デッドショット

ウィル・スミスが演じたこともあり、『スーサイド・スクワッド』で中心的に描かれたデッドショット。動画では、「彼も億万長者のプレイボーイ」との原作での設定が紹介されているが、映画ではお金のトラブルも抱えた娘思いの殺し屋だった。

スリップノット

メンバー随一のタフガイめいた風貌で登場しながらも早々に退場していったスリップノット。映画を観ただけでは彼のキャラクター性を十分味わうことはできなかったが、この紹介動画では原作コミックのイラストも確認することができる。脱走を試みた結果の違いとは?

エンチャントレス

『スーサイド・スクワッド』の超常現象枠エンチャントレスは、スーパーモデルのカーラ・デルヴィーニュが演じたことでも話題になった。映画で描かれた騒動の元凶となったキャラクターだ。モデルならではの腰クネクネは印象的だったね。

エル・ディアブロ

今回の映画で女性ファンも獲得した感のあるチャト・サンタナことディアブロ。争いから1人距離を置く寂しげなディアブロが一気に能力を開放させる場面は、『スーサイド・スクワッド』でも最も”アツい”シーンのひとつとなった。

キャプテン・ブーメラン

低IQ枠として独特の存在感を放ったキャプテン・ブーメラン。動画で紹介されている原作コミックでの姿とのギャップが興味深い。

ハーレイ・クイン

女の子がコスプレしたいキャラクターとしてもすっかり定着、ここ日本でもアメコミ映画に馴染みのない層にも浸透しきったハーレイ・クイン。動画でも紹介されているように、他のキャラクターと違ってアニメで初登場したユニークなキャラクターだ。

キラークロック

何度も繰り返しコミック化されているキラークロック。動画で紹介されているコミックのイラストでは、映画のような”ワニ男”的なビジュアルから、怪獣に近い巨体姿まで様々なバリエーションが存在することがわかる。

カタナ

映画では、日本人女優の福原かれんが演じたことでもエピックなキャラクター、カタナ。この紹介動画では、カタナことタツ・ヤマシロがマセオとタケオという兄弟から求愛され、マセオと結婚したこと、ヤクーザの一員であるタケオが激怒し、斬った相手の魂を閉じ込める妖刀でマセオを殺害したことなど、原作のイメージを辿って紹介している。

ジョーカー

『スーサイド・スクワッド』のキャラクターの中でも最も話題を呼んだジョーカー。コミック初登場時の貴重なイラストなどと共に、アメコミ史上最も有名なヴィランのキャラクター性を掘り下げている。ジャレッド・レトによって現代風にアップデートされた犯罪王子、あなたはどう捉えた?

アマンダ・ウォラー

アマンダ・ウォラーはメタヒューマンではないが、その肝っ玉で凶悪な悪党たちをまとめあげるタスク・フォースX作戦を実行する。ウィル・スミスは「スーサイド・スクワッドはBad対Evilの物語」と語っていたが、何よりもワルいEvilな存在だったのが、ヴィオラ・デイヴィス演じるこのアマンダだった。

リッグ・フラッグ

頼りになる正統派ナイスガイ枠として、各方向に尖りまくった自殺部隊を程よくまとめたリック・フラッグ。動画でも紹介されているように、仲間のためならウォラーにも立ち向かう、スーサイド・スクワッドの良心だった。

個性立ちまくりな11人のキャラクター紹介動画を観ると、またあのポップでクレイジーな『スーサイド・スクワッド』の世界に浸りたくなってしまう。

2016年秋、僕たちが夢中になって追いかけていた『スーサイド・スクワッド』Blu-ray&DVDは既に発売中。デジタル・ダウンロード版も配信されているので、またいつでもあの”Really, really, bad”な世界に帰ろうじゃないか。

SUICIDE SQUAD and all related characters and elements are trademarks of and © DC Comics.
© 2016 Warner Bros. Entertainment Inc. and Ratpac-Dune Entertainment LLC. All rights reserved.

About the author

方向感覚が壊滅しており、Googleマップがあっても道に迷う編集長。ORIVERcinema発起人。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。