『ドクター・ストレンジ』祝アカデミー賞ノミネート!製作の裏側には監督の“自腹500万円”と苦悩があった

いよいよ日本上陸が迫った、映画『ドクター・ストレンジ』が、めでたく第89回アカデミー賞で視覚効果賞にノミネートされた。レースを争うのは、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』『ジャングル・ブック』という同じくディズニー発の力作や、メキシコで起きた海底油田爆発事故を映画化した『バーニング・オーシャン』、注目のアニメーション『Kubo and the Two Strings(原題)』だ。

今回のノミネートに至るまでには、もちろん作り手の並々ならぬ努力があった。そのひとつが、スコット・デリクソン監督による500万円の自腹である。コミックの「ドクター・ストレンジ」を愛してきた彼は、なんとしても映画版を撮りたかったのだという。そのために監督が選んだ常軌を逸したアピールは、今回のアカデミー賞ノミネートにも無関係ではなさそうだ。

『ドクター・ストレンジ』は『アントマン』映像世界の進化系?科学と魔法をつなぐ「マーベルの美学」とは

ホラー映画の名手による“奇策”

マーベル・スタジオは、『ドクター・ストレンジ』製作のために監督オーディションを行っていた。かつて高予算の映画を撮った経験こそあるものの、デリクソン監督は、もっぱら低予算のホラー映画を主戦場とする人物である。そこで監督は、ある奇策を用いてマーベルにアピールしたという。

「この仕事(『ドクター・ストレンジ』監督)をつかむため、ビジュアル・プレゼンテーションを準備するのにスゴい金額を使ったんだよ」

デリクソン監督は、90分間のプレゼンテーションに臨むため、なんと45,000ドル(約500万円)もの自腹を切ったという。その内容は、もはやプレゼンのレベルではなく、作品のプリプロダクション(撮影前の準備作業)にも相当するクオリティだった。

ストーリーボード(絵コンテ)を作ったんだ。プロのストーリーボード・アーティストを雇ったんだよ。事前に12ページぶんの脚本を書いて、それらを完ぺきに図解して、コンセプトアートも描いたのさ」

『ドクター・ストレンジ』コンセプトアート http://www.thisisinsider.com/doctor-strange-concept-art-2016-8/#doctor-strange-will-introduce-the-possibility-of-other-realms-into-the-marvel-cinematic-universe-we-may-be-seeing-one-of-those-here-3 © Marvel

『ドクター・ストレンジ』コンセプトアート
http://www.thisisinsider.com/doctor-strange-concept-art-2016-8/#doctor-strange-will-introduce-the-possibility-of-other-realms-into-the-marvel-cinematic-universe-we-may-be-seeing-one-of-those-here-3 © 2016 Marvel

努力と投資は報われ、デリクソン監督は『ドクター・ストレンジ』の監督に見事抜擢される。しかしその後、監督を襲ったのは尋常ではないプレッシャーだった。

監督もマーベル側も全員が心配した『ドクター・ストレンジ』

『ドクター・ストレンジ』の製作に入る以前の心境を、デリクソン監督はこう振り返っている。

「マーベル・スタジオはダメな映画を作ってない。『ドクター・ストレンジ』は14本目の映画だけど、これまで13回連続で、高評価のヒット作を世に出してる。誰にもできなかった、ピクサーでさえ叶わなかったことだよ。彼ら以上の成績を持ってる人たちはいない」

「(映画を撮る)プレッシャーに耐えたよ。でも契約にサインする前、とても慎重に考えたんだ。“この映画を監督するんだ、責任はきちんと取る、でも『フッテージ』と同じやり方で挑もう”って」

http://collider.com/sinister-images/ (C) Alliance Film (UK) Limited All Rights Reserved.

『フッテージ』(2012年)はデリクソン監督の代表作であるサスペンス・ホラー映画。『ドクター・ストレンジ』はホラー映画ではないのでご安心を。 http://collider.com/sinister-images/ (C) Alliance Film (UK) Limited All Rights Reserved.

しかしプレッシャーを味わっていたのは、デリクソン監督だけではなかった。彼を選んだマーベル・スタジオも気持ちは同じだったのである。

「映画の情報解禁が近づくほど恐ろしく、怖くなったんだ。そうならない方が難しいよ。不安にならない方が難しい。そこでマーベルに行ったんだけど、彼らもアーティストだからね、映画のことをすごく気にしてるのさ。とても不安がってたね。だから僕はさらに不安になって、すると彼らはもっと不安になって……結局、みんなで一緒に不安がったんだ」

大成功、しかし「いつかダメな映画を作るヤツが出る」

結果として『ドクター・ストレンジ』は映画として高い評価を受け、とりわけその映像表現とアクションには感嘆の声が集まった。興行成績も『アイアンマン』(2008年)を超えて、マーベル・シネマティック・ユニバース史上もっともヒットした1作目となったのである。

『ドクター・ストレンジ』興行収入が6億ドル突破!『アイアンマン』超えて「MCUで最もヒットした1作目」に

かつてデリクソン監督が、マーベルへのプレゼンで披露した映像は、そのまま映画の本編にも活かされたようだ。

「素晴らしかったのは、僕が監督に就任したとき、マーベルが(プレゼンの)すべてを買い取ってくれたことだよ。映画の中盤に登場するシークエンスには、僕が執筆したものもある。彼らは全部を買わなきゃならなかったのさ、だって完成した映画には(自腹で作ったものの)多くが含まれてるんだからね」

はじめに監督が約500万円を投じた“熱意と努力の賜物”は、今こうしてアカデミー賞へのノミネートへと結実した。ちなみにデリクソン監督は、アメリカでの公開直前、マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長にこう漏らしたという。

「やっと安心したよ、今こんな気持ちなんだ。“いつの日か、マーベル・スタジオでダメな映画を作るヤツが出てくるだろう。でもそれは僕じゃなかった!”

監督とマーベルが自信をもって送り出す、映画『ドクター・ストレンジ』は1月27日にいよいよ日本公開となる。なお第89回アカデミー賞の授賞式は2月26日に開催される。

『ドクター・ストレンジ』は『ウィンター・ソルジャー』並の傑作か プレビュー上映の反応は「口が終始開きっぱなし」「壮観」

sources: http://comicbook.com/2017/01/24/doctor-strange-nominated-for-an-academy-award/
https://au.be.yahoo.com/entertainment/celebrity/a/32935226/scott-derrickson-spent-an-obscene-amount-money-to-land-doctor-strange-yahoo7-be/#page1
https://secure.lipscomb.edu/news/archive/detail/227/31073
http://comicbook.com/2016/12/05/scott-derrickson-one-day-somebodys-going-to-make-a-bad-marvel-st/
Eyecatch Image: http://collider.com/scott-derrickson-doctor-strange-interview/ (Photo Credit: Jay Maidment)

© 2016 Marvel

 

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。