日本語対応済!『スーサイド・スクワッド』を追体験できるスマホFPSゲーム『Suicide Squad: Special Ops』登場!

チームの一員になれるぞ!

期待の映画『スーサイド・スクワッド』がiOSとAndroidでスマホゲームになって登場。既に日本語版もダウンロード可能で、筆者のiPhone6でも動作確認済だ。

スマホゲーム『スーサイドスクワッド スペシャルオプス』

IMG_9931

15分ほどプレイしてみた所感を述べたい。ゲームは綺麗なグラフィックのFPS(ファースト・パーソン・シューティング)で、プレイヤーはデッドショット、エル・ディアブロ、ハーレイ・クインの3人のチームから1人を選んで操作する。荒廃した街を舞台に四方八方から迫り来る泥人形のような敵を倒していく。敵は「ウェーブ」ごとに襲ってきて、ウェーブをクリアすると地下鉄の駅や路地などが解放されていく。

IMG_9930

操作は簡単で、初めにチュートリアルがあるのでゲーム初心者でも安心だ。プレイヤーは基本的に移動だけを行い、エイミング(標準合わせ)と射撃や攻撃は自動で行われる簡単操作になっている。

キャラクターの特性

デッドショット、エル・ディアブロ、ハーレイ・クインの3人はウェーブごとに切り替えられるので好きなキャラクターを試すことができる。ざっくりとキャラクターの特性を説明したい。

デッドショット

IMG_9933

長距離攻撃。アサルトライフルとアームガンで攻撃する。CPU行動する残り二人のキャラクターを遠くから援護射撃する事ができるので、最初はデッドショットから初めてみると良いだろう。但しアサルトライフルは弾数に限りがあり、弾が切れるとステージ上のボックスから弾を補給する必要がある。

エル・ディアブロ

IMG_9924

中距離攻撃。両手から火炎放射を豪快に放出する。火炎放射はゲージが無くなると止まるが、すぐに自動回復される。デッドショットのようにリロードの心配がないのでガンガン戦える。

ハーレイ・クイン

IMG_9937

近距離攻撃。バットで果敢に挑んでいく。敵に接近する必要があるためダメージを受けやすい印象だ。ハーレイ・クインは自分で操作せず仲間として動かしておいたほうがいい。不気味な敵たちをバット一本でバッコンバッコン叩き殴っていくハーレイちゃんの勇姿を拝めるからだ。

スーサイド・スクワッドの世界を充分楽しめる

ゲームをプレイすると、『スーサイド・スクワッド』は泥人形のような不気味な敵達と戦う、若干ホラーアクション要素もある映画である事がわかる。ゲームを進めていくとキャラクター達が「とても情報を回収するためのミッションとは思えない」「ここに情報なんかない、俺たち見捨てられたな」というセリフを吐くので、映画のストーリーを先行して追体験する事ができる。

IMG_9930

迫り来る敵は不気味で、よくあるゾンビゲームのようにゆっくり迫ってくるのではなくめちゃくちゃ全力疾走で追いかけてくるので怖いゲームを進めると巨大な敵もドタドタと足音を立てて突進してくる。たまにいるけど、俺足音うるさい人苦手なんだよね。

Suicide Squad Special OpsをApp Storeでダウンロード

About the author

インド旅行中、たまたま現地新聞に写真を撮られて掲載されるというミラクルを起こしました。持ってる男。THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。