Menu
(0)

Search

DC『スーパー・ペット』アニメ映画化 ─ ペットで結成されたヒーロー・チーム描く

DCコミックス
The DC logo is a trademark of DC Comics.

スーパーマン、バットマン、ワンダーウーマンなど、数々のDCヒーローを映画化してきたワーナー・ブラザーズが、なんと“動物”ヒーローを描く映画を制作中だ。米Colliderで報じられた。

タイトルは『スーパー・ペット(邦題未定、原題:Super Pets)』。DCコミックスのヒーローが飼っているという設定のペットたちによるヒーロー・チームである。原作コミックでは、Adventure Comics #293 (1962年2月)でチームとし初登場した。メンバーにはKrypto(スーパーマンの犬)、Ace the Bat-Hound(バットマンの犬)、Storm(アクアマンのタツノオトシゴ)、Jumba(ワンダーウーマンのカンガルー)、Streaky(スーパーガールの猫)などがいる。彼らは、飼い主と同じく、何かしらのスーパー・パワーを持ち合わせている。ちなみに、スーパー・ペットは動物同士で会話をすることはできるが、基本的には人間とコミュニケーションは取れないらしい。

アニメ映画『スーパー・ペット』監督・脚本を手がけるのは映画『レゴ バットマン ザ・ムービー』(2017)脚本のジャレッド・スターン。同チームはこれまでに、“Legion of Super-Pets”としてコミック化されているほか、Cartoon Networkでアニメ版も放送されているが、この度の映画がどの作品を原案とするかは不明だ。

なお、DCコミックス原作のアニメ作品としては、ビースト・ボーイやロビン、サイボーグら人気キャラクターがデフォルメ姿で登場する映画『Teen Titans Go! To the Movies(原題)』が2018年7月27日より米公開となっている。

Sources: Collider, DC Super-Pets!

Writer

Marika Hiraoka
Marika Hiraoka

THE RIVER編集部。アメリカのあちこちに住んでいました。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly