Menu
(0)

Search

『ワイルド・スピード』スピンオフ映画は「ガチでハードコア」 ― ジェイソン・ステイサムが高い目標掲げる

(C)Universal Pictures

『ワイルド・スピード』シリーズ初のスピンオフ映画『ホブス&ショウ(邦題未定、原題:Hobbs and Shaw)』の準備が着々と進められているようだ。この作品は、シリーズで人気の“筋肉コンビ”、ルーク・ホブス(ドウェイン・ジョンソン)とデッカード・ショウ(ジェイソン・ステイサム)を主人公とするアクション映画。監督は『アトミック・ブロンド』(2017)や『デッドプール2』(2018)など、現代のアクション映画を牽引する俊英デヴィッド・リーチが務める。

2019年7月の米国公開まで1年を切った今、ステイサムは本作『ホブス&ショウ』をどんな作品だと捉えているのか? 米Colliderのインタビューでは、なんと「ガチでハードコア(fucking hardcore)」という言葉が飛び出した…!

(C)Universal Pictures

「すべてを兼ね備えた作品に」

スタントパーソンとしてキャリアをスタートさせ、『ジョン・ウィック』(2014)や『アトミック・ブロンド』といったシリアスでスタイリッシュな作品から、『デッドプール2』というR指定アクション・コメディまで撮ってしまう。そんなデヴィッド・リーチというクリエイターの作風について、ステイサムは「地に足の着いた、ダークなものだと思ってます」と語る。

「『アトミック・ブロンド』は最高の出来で、あの世界には、みなさんが言うような彼の作風がきちんと入ってるんですよね。彼は『ワイルド・スピード』らしからぬことをやろうとしていると思います。『ワイルド・スピード』のキャラクターで彼ならではのことをやろうとしていて、きちんと信頼感も与えようとしている。現実的で、リアルで、ガチでハードコア(fucking hardcore)な作品になりますよ。」

映画『メカニック』(2011)において、ステイサムはリーチ監督と、主演俳優とスタントパーソンという関係で共演したことがある。当時のエピソードを振り返りながら、ステイサムは監督のアクションに関する能力を称賛しているほか、事前にプリビズ(ビデオコンテ)を作成するという制作方法や、登場人物を大切にする物語へのアプローチにも好感を示しているのだ。

「彼は非常に効率的な仕事をするし、登場人物をとても気にかけてくれます。僕たちは、ショウと妹や母親の関係、それが意味するものを書き込もうとしているんです。それから、(悪役の)イドリス・エルバやそのほかとの関係はどうなのか。彼(リーチ)はいろんなことにすごく気を遣っていますね。」

ショウの母親マグダレーンは、シリーズの前作『ワイルド・スピード ICE BREAK』(2016)に登場。妹役には『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(2018)のヴァネッサ・カービーが出演交渉中だと報じられている。ちなみに登場人物の関係を掘り下げるアプローチは、ジョンソン演じるルーク・ホブスにも当てはまるとのこと。ステイサムいわく、本作ではホブスとその母親・娘の関係も描かれることになるそうだ。

© Universal Pictures

またステイサムは「僕は監督じゃないので、映画のトーンをコントロールしてるわけじゃないんですが」と前置きしつつ、『ホブス&ショウ』という作品に高い目標を掲げている。

「楽しい要素と同じくらい、きちんと意味のあるものを入れていきたい。要するに笑ってほしいし、心が引き裂かれるようなものにしたいし、楽しんでほしいんです。ライド・アトラクションのような、すべてを兼ね備えた作品になるべきだと思っています。デヴィッド(・リーチ監督)もそういう作品を目指していますよ。バカバカしい笑いも、楽しいところも、激しいアクションも、最高のドラマも、深みのある要素も入れたがっているんです。」

映画『ホブス&ショウ(邦題未定、原題:Hobbs and Shaw)』は2019年7月26日米国公開予定。

Source: Collider

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly