【ネタバレ注意】『スーパーガール』シーズン2にてあのヒーローの存在が明らかに?

DCの人気ドラマ『スーパーガール』から最新情報を。

【注意】

この記事には、ドラマ『スーパーガール』シーズン2に関するネタバレ内容が含まれています。


 

スーパーマンの従姉妹であり、紆余曲折あって彼よりもずっと後に地球に辿り着いたクリプトン星人のカーラ=ゾー・エル。ダンバース家に引き取られた彼女はスーパーマンの導きもあってヒーローであるスーパーガールとしてナショナルシティで活動するようになり、マックスウェル・ロードや同じクリプトン星の生き残り等のヴィランと戦いました。その過程で火星の生き残りのマーシャン・マンハンターや異なるアースのヒーローのバリー・アレンと邂逅を果たしました。

そしてシーズン2にてスーパーガールは新たなヴィジランテであるガーディアンについて話をしている最中に、スーパーマンも以前はヴィジランテと活動していたと語り、スーパーガールはそのヴィジランテのことを”たくさんのガジェット”を使う”CRAZY(イカれた)”人物だったと語っています。
もちろんガジェット使いならばグリーンアローやブルービートルがいますし、クレイジーなキャラクターは宇宙最悪のバウンティハンターであるロボやグリーンランタンのガイ・ガードナーにクリーパーといます。ですがガジェット使いのクレイジーなヴィジランテという条件ですとぴったり合致するのはあの世界最高の探偵にしてワールズファイネストの片割れのバットマンしかありえません。その条件ですとバットマンのサイドキックのロビンやナイトウィング。加えてバットマンを襲名したナイトウィングも該当しますが、いずれにせよバットマンの存在を明示するには十分なものです。

DCドラマにおける『バットマン』の存在

余談ですがバットマンの存在はこれほどハッキリではなくとも既に描写されています。『フラッシュ』シーズン2にてバリーとシスコが訪れたアース2ではその世界のバリーがバットマンのブルース・ウェイン、ワンダーウーマンのダイアナ、グリーンランタンのハル・ジョーダンの友人という描写があり、『レジェンド・オブ・トゥモロー』ではリップハンターがヴァンダル・サヴェッジが侵略した歴史では”マン・オブ・スティール”と”ダークナイト”が倒れたことを語っていました。

あくまでファンサービスなだけかもしれませんが、ここまでドラマで語られた材料だけでも『スーパーガール』にマックスウェル・ロードとバットマンが存在し、『ARROW』と『フラッシュ』ではアトムがおり、テッド・コードの存在が暗示されていることから『IDENTITY CRISIS』が発生してレイ・パーマーがヒーローとして破滅。『バッドマンvsスーパーマン』のように人間不信が極限状態に陥ったバットマンがブラザーアイを建設し、全ヒーローの監視を目論むもマックスウェルに管理権を剥奪された上にテッドが死に、全アースを巻き込んだ大決戦でありヒーローの敗北から繋がる気高い再生誕『INFINITE CRISIS』に至る道筋が見えてきた気がしなくもないです。いずれにせよ夢が広がりますね。

参考url:http://comicbook.com/dc/2016/11/22/supergirl-drops-a-batman-easter-egg/

 

About the author

ライター、翻訳の小村健人です。アメコミは主にスーパーマン、フラッシュ、アクアマン、ブースターゴールド、ジャスティスリーグ、バットマンとそのファミリー誌を主に追っており、原書の知識もあります。カートゥーン、洋ドラも視聴。アメコミ記事を描くことが多いですが、何分まだ若輩者ですので知識に穴があるようでしたらコメント欄でお知らせいただけると幸いです(できればどのアークに収録されているかも教えていただければさらに幸いです)。

salarmko@outlook.jp

お仕事の依頼はこちらへ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。