Menu
(0)

Search

【ネタバレ】『サスペリア』ティルダ・スウィントン、一人三役の意味とは ─ 配役に隠された秘密、特殊メイクの裏側

サスペリア
©2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC All Rights Reserved

『君の名前で僕を呼んで』(2017)のルカ・グァダニーノ監督によるリメイク版サスペリアには、ダリオ・アルジェント監督の原作映画(1977)になかった要素が多数導入されている。その再構築ぶりは「リメイク」の域を超えており、最低限の設定を踏襲している以外は“ほとんど別物”といっていいほどだ。

そのひとつが、謎に包まれた舞踊団〈マルコス・ダンス・カンパニー〉とダンサーの失踪事件を追う心理療法士、ジョセフ・クレンペラーの存在である。第二次世界大戦のさなかに生き別れとなった妻アンケとの生活を思い起こしながら、クレンペラーは消えたダンサー、パトリシアの行方を探っていく。

クレンペラー役を演じるのは、1936年生まれ、ドイツ出身の精神分析医ルッツ・エバースドルフ。その正体は、マダム・ブラン役のティルダ・スウィントンである。ティルダは全身に特殊メイクを施して82歳の男性となったほか、本作でさらにもうひとつの役をこなしているのだ。

なぜ、彼女は『サスペリア』で一人三役を演じることになったのか? 本記事では監督やティルダ本人による解説から、舞台裏と配役の意図を読み解いていきたい。

この記事には、映画『サスペリア』のネタバレが含まれています。

サスペリア
©2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC All Rights Reserved

クレンペラー役ルッツ・エバースドルフ、実在しない

リメイク版『サスペリア』において、ティルダは舞踊団〈マルコス・ダンス・カンパニー〉の振付家マダム・ブラン役としてクレジットされている。一見するとプロフェッショナルの集う舞踊団だが、その内実は“ある巨大な構造”によって支えられた女性たちの集団。主たる構成員であるブランや寮母たちは、ある存在を維持すべく懸命に努めているのだ。そのカリスマ性と知性、厳しさによって舞踊団を率いていたブランは、突如現れた“アメリカ娘”の主人公スージー・バニヨン(ダコタ・ジョンソン)の実力に惹きつけられていく。

サスペリア
©2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC All Rights Reserved

ティルダの二役目にあたる心理療法士ジョセフ・クレンペラーは、ブランとは一見対極に位置する人物といっていい。かたや舞踊団の先頭に立つ者、かたや舞踊団の謎に迫ろうとする者である。性別すら異なるとあっては、もはや重なるところは皆無ではないか。

本作が撮影されていた2018年2月、クレンペラー役をティルダが演じていると報じられた際、グァダニーノ監督は「完全なるフェイクニュース」だと否定していた。ティルダの一人二役は、それほどまでに伏せておきたい情報だったのだ。

しかし2018年10月、ティルダとグァダニーノ監督はこの事実を公にすることとなった。米The New York Timesの取材に対して、ティルダはこのように回答している。

「“あなたがクレンペラー医師を演じているんですか?”と聞かれたら、私はいつも、“クレンペラー医師はルッツ・エバースドルフが演じています”と答えています。だけど不思議なことに、今までそのように考えた方は誰もいないんですよ。」

ここでティルダは、あえてこのように述べてもいる。「あなたがルッツ・エバースドルフなんですか?」と尋ねられれば、その答えは「完全にイエス」だというのだ。『サスペリア』の公式サイトや劇場パンフレットにはルッツ・エバースドルフのプロフィールが詳細に記されているが、もちろんこれらは本作のためだけに用意されたもの。なんて手の込んだことを……。

サスペリア
©2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC All Rights Reserved

特殊メイクの裏側、クレンペラーと妻アンケ

『サスペリア』の撮影中、ティルダは1日4時間におよぶ特殊メイクによって82歳の老人ルッツ・エバースドルフに変身し、クレンペラーを演じた。特殊メイクを担当したのは、同じくティルダが老婆に変身した『グランド・ブダペスト・ホテル』(2014)を手がけたマーク・クーリエ。いわく、「ティルダは男性的にも女性的にも見えますが、骨の構造は非常に女性的なんです」とのこと。それゆえティルダは首を太くし、男性らしい顎を作り、さらに性器を装着して撮影に臨んだ。

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly