『スター・ウォーズ』アニメ新シリーズ、企画進行中?ルーカスフィルムが監督の求人を開始

スター・ウォーズ』シリーズの製作を統括する米ルーカスフィルムが、『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』(2008-2014)、『スター・ウォーズ 反乱者たち』(2014-2018)に次ぐ新たなアニメシリーズの企画を進行しているようだ。

現在展開されている『スター・ウォーズ 反乱者たち』は、2018年2月にシーズン4の後半が放送され、翌3月にシリーズが完結する。総監督のデイヴ・フィローニ氏は、1月27日(米国時間)に同作最後の音響作業を終えたことを明らかにしていた。なおルーカスフィルムは、2017年の時点で、デイヴ氏が今後のアニメ企画でも監督を務める方針であることを発表している。

アニメ版『スター・ウォーズ』新シリーズ、監督の求人あり

このたび、アニメ版『スター・ウォーズ』新シリーズの企画が進行していると予想されたのは、同社がLinkedInにて求人情報を掲載したことがきっかけだ。求人情報には、アニメのエピソード監督(各話ごとの監督業務を担当するスタッフ)を募る文言が記されていたのである。

エピソード監督の主な役割は、脚本にテレビアニメ・シリーズとしての息を吹き込むため、総監督(Supervising Director)と連携しながら、クリエイティブな局面のすべてに深く関わることです。理想とされるのは、製作のあらゆる面をバランスよく取り仕切り、各話にふさわしい最高品質のストーリーテリングと技術を維持できる人材です。

すでに『反乱者たち』の製作がほぼ終了している以上、この求人情報は、来る新シリーズに向けての募集として捉えるのが自然だろう。ちょっと目眩のするような文言だが、これをさらりと掲載して、おそらく山のような応募があるのが『スター・ウォーズ』の恐ろしいところである……。ちなみに総監督(Supervising Director)にあたるのがデイヴ氏だとみられる。

現時点で、ルーカスフィルムは『クローン・ウォーズ』『反乱者たち』に続く新シリーズについての情報を発表していない。
しかし2014年の時点で、米/Filmは「噂」として気になる情報を伝えていた。いわく、新シリーズは2017~2018年ごろの放送で、物語の時代設定は『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)からの新3部作と同じ頃になるというのだ。なお同記事には『反乱者たち』が3~4シーズンを予定しているとも記されており、信憑性こそ認められないものの、単なる噂として切り捨てられない説得力があることは確かである。

いずれにせよ、これまで高い人気を誇ってきたアニメ版『スター・ウォーズ』が、『反乱者たち』の完結をもって終了するとは考えづらい。どんな新シリーズになるのかは未知数だが、今後の情報を楽しみにしよう。そして腕に覚えのある人は、ぜひ新シリーズの監督求人に申し込んでみてほしい……!

Sources: https://screenrant.com/star-wars-animated-series-lucasfilm-hiring/
https://screenrant.com/star-wars-rebels-ending-new-show/
https://www.linkedin.com/jobs/view/533112434/
http://www.slashfilm.com/new-star-wars-animated-series/
Eyecatch Image: Photo by William Tung https://www.flickr.com/photos/28277470@N05/17015158998

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。