『スター・ウォーズ』キャプテン・ファズマ役女優、『エピソード9』出演熱望!マズ・カナタの再登場も「まだわからない」

映画『スター・ウォーズフォースの覚醒』(2015)に始まった新3部作でキャプテン・ファズマ役を演じているグウェンドリン・クリスティーが、完結編『エピソード9(仮題)』への出演を熱望している。

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(2017)のライアン・ジョンソン監督によれば、ルーカスフィルムは本3部作を、事前に大きな方針を決定することなく進めているという。したがって『フォースの覚醒』のキャラクターが『最後のジェダイ』に必ずしも登場しなかったように、『最後のジェダイ』に出演したキャラクターが完結編に現れるとは限らないのだ……。

注意

この記事には、映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のネタバレが含まれています。

©Walt Disney Studios Motion Pictures ©2017 & TM Lucasfilm Ltd. 写真:ゼータ イメージ

ファズマ、『エピソード9』再登場なるか…?

キャプテン・ファズマ役のグウェンドリン・クリスティーは、ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』(2011-)のブライエニー役を務めて人気を獲得した女優。残念ながらファズマは、『フォースの覚醒』では生死不明に、『最後のジェダイ』でも少ない出番の末に炎の中へ落ちて再び生死不明となったが、演じるクリスティー本人は再登場を強く望んでいる。

米The Times誌で、『エピソード9』でファズマ役を再演する可能性について問われたクリスティーは「正直、わからないんです」と答えている。

「(出られない可能性は)怖いですし、動揺しますよね。だって、私はこのキャラクターをもっと掘り下げていきたいんですから。今、自分の力をすごく注ぎ込んでますよ。心からそう思ってる……口だけじゃないんです。私の中では、ファズマという人物について、物語や出来事が広がっているんですよ。」

実際のところ、キャプテン・ファズマというキャラクターについては、すでに複数のストーリーが書籍で展開されている。小説『スター・ウォーズ ファズマ』、コミック『スター・ウォーズ:キャプテン・ファズマ』(ともにヴィレッジブックス刊)では、映画では語られない物語が丁寧に描かれているのだ。
ライアン・ジョンソン監督をもって「ファズマは『サウスパーク』のケニー」(編注:頻繁に劇中で死亡するキャラクター)と言わしめたファズマだが、果たして『エピソード9』での再登場は叶うのだろうか。もし登場しないなら、いずれスピンオフの実現を……!

 

ちなみに『フォースの覚醒』で重要なポジションを担いながら、『最後のジェダイ』ではホログラム越しに短時間の登場となったマズ・カナタも『エピソード9』への登場は不透明だという。演じるルピタ・ニョンゴは、米The Hollywood Reporter誌にこう話しているのだ。

「(再登場は)まだわからないんですよ。もうすぐわかると思うんですけど。」

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は2017年12月15日より全国の映画館にて公開中
なお、完結編『スター・ウォーズ エピソード9(仮題)』は2019年12月20日に米国公開予定だ。

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』キャプテン・ファズマを出演者&監督が語る ― レイ役女優の提案した演出とは?

Sources: http://globegazette.com/entertainment/movies/gwendoline-christie-fears-for-phasma-s-future/article_9de10666-f16f-5c2d-b30e-b6d736388047.html
https://www.hollywoodreporter.com/features/lupita-nyongo-political-exile-oscar-marvels-black-panther-1077849
©THE RIVER

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。