Menu
(0)

Search

ユアン・マクレガー、『スター・ウォーズ』メイス・ウィンドゥ生存説に「いやそれはない」

ユアン・マクレガー
CC BY-NC 3.0 https://vimeo.com/63324878

スター・ウォーズ』プリクエル3部作でオビ=ワンを演じたユアン・マクレガーが、『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』(2005)に登場したジェダイ・マスターのメイス・ウィンドゥを巡るとある説に反応した。命を落としたと思われていたメイスの生存説だ。

メイス・ウィンドゥといえば、『シスの復讐』(2005)で黒幕のパルパティーンを追い詰めたジェダイ最強の戦士だが、ダース・ベイダー覚醒前のアナキン・スカイウォーカーの干渉が入り、弱っていたパルパティーンの反撃を受けてしまう。フォース・ライトニングがもろ直撃し、屋外へと吹き飛ばされたメイスは、そのまま消息を絶ったのだった。

死んだと思われるメイスのその後については判然としていないところもあり、演じたサミュエル・L・ジャクソン本人も生存説を訴えていた1人。なんとジャクソンは、「マンダロリアン」(2019-)でのメイス復帰を監督のブライス・ダラス・ハワードに打診までしていたという。しかし、『シスの復讐』に出演していたユアンは、そうは思わないらしい。米Screenrantで、「いや、それはないでしょう。え、彼が?ないない」と生存説を否定しているのだ。

とはいえ、最近の『スター・ウォーズ』では死んだと思われていたキャラクターが奇跡の生還を果たした。『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』(1983)で巨大生物サルラックの巣の穴に落ちて転落死したはずのボバ・フェットだ。こうした例もあるため、ユアンは「何でも可能性はあると思います」と付け加えてもいる。それでも、メイスの死を信じている様子のユアン・マクレガーは、「そう(生きている)とは思えないですけど。窓の外に飛ばされて、あれだけの高さですから」と語るのだった。

そんなユアンは、まさに『シスの復讐』のその後を描く新シリーズ「オビ=ワン・ケノービ」でオビ=ワン役を再演する。メイスの安否に触れる良い機会でもありそうだが、物語はダース・ベイダーと化したアナキンとの関係性にフォーカスされる模様。ダース・ベイダー役として、プリクエル3部作からヘイデン・クリステンセンも続投する。

「オビ=ワン・ケノービ」は2022年5月27日よりディズニープラス(Disney+)で配信開始。

あわせて読みたい

Source: Screenrant

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly