Menu
(0)

Search

米ディズニー、独自の映像配信サービスで『スター・ウォーズ』とマーベル作品を配信へ ─ 『アナと雪の女王』新作短編も予定

ディズニー

米ウォルト・ディズニー・カンパニーが2019年に計画中とする独自の映像配信サービスにて、『スター・ウォーズ』やマーベル作品が配信されることが明らかとなった。同社CEOのロバート・アイガー氏が現地時間2017年9月日、ビバリーヒルズのホテルで行われたカンファレンスで発表した。Varietyをはじめとする現地メディアが伝えている。

サービスのリリース時期についても、2019年後半を目指すと発表。専用アプリを通じてディズニー・コンテンツの視聴が可能となり、4~5本のオリジナルTVシリーズを配信するほか、ディズニー・ライブラリーから約500作の映画と約7,000のテレビエピソードも解放。ロバートCEOは、一千単位の短編作品と、オリジナルの短編作品をプロデュース・配信する予定も明かした。同社は、今後数ヶ月にわたって本事業への投資額を協議するとしている。ユーザー側の利用料金については未発表。

今日では、Netflixを始めとする映像配信サービスが定着し、ユーザーの「時間の奪い合い」競争は激化を極める。同CEOも「競合が非常に多い」「この競争の上位に立つのにはプレッシャーが大きく、ものすごく難しい」と認める。現在米Netflixで配信中のディズニー作品は、同サービスのリリースに合わせて引き上げられるという。

また同カンファレンスでロバートCEOは、30分の『アナと雪の女王』新作短編作品を制作、2017年11月22日全米公開のピクサー最新作『リメンバー・ミー(原題:Coco、日本では2018年3月16日公開)』で同時上映する予定も発表。「『アナと雪の女王』フランチャイズは未だにマンモス級ですが、映画公開の1年後には(人気が)かなり下がってしまった」と語るロバートCEOは、新作短編で人気にテコ入れしたい旨を明かしている。

なお、情報はすべて米国による発表。日本国内でのサービス展開については未定とされるが、ロバートCEOによれば米国以外の市場で先にリリースする可能性もあるという。

Source:http://variety.com/2017/biz/news/star-wars-marvel-movies-disney-streaming-service-1202549993/
http://deadline.com/2017/09/marvel-star-wars-films-move-netflix-new-disney-ott-service-1202163292/

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly