Menu
(0)

Search

『スター・ウォーズ』新作オープンワールドゲームが開発へ ─ Ubisoftが手掛けるストーリー重視の内容に

スター・ウォーズ

スター・ウォーズ』の新作オープンワールドゲームが開発されることがわかった。

開発を手掛けるのはUbisoftのMassive Entertainment。『Far Cry 3』(2013)や『ディビジョン』シリーズなどで知られる。クリエイティブ・ディレクターは同社ジュリアン・ゲラティで、同スタジオのゲームエンジン「Snowdrop」を用いる。現在は開発のごく初期段階にあり、開発チームへの求人も行っている。新たに設立されたLucasfilm Gamesと共に開発を進める。

ゲームの設定や舞台、キャラクターなどは現時点で一切不明だ。Ubisoftの投稿によれば、「ストーリー重視」の内容になるという。

米ディズニーのルーカスフィルム買収以降、『スター・ウォーズ』のゲームタイトルではEAが独占契約を結んでおり、『Star Wars バトルフロント II』『Star Wars ジェダイ:フォールン・オーダー』『Star Wars:スコードロン』などが発売された。EAとディズニーとの契約は2013年時点で10年続くと報じられていたので、2023年に満了すると見られる。米Wiredは、この度の新作タイトルはEAの独占契約終了後に発売されるだろうとの見込みを伝えている。

ディズニーのグローバル・ゲームス責任者ショーン・ショプトーによると、EAとのパートナー関係は今後も続いていくとのこと。ただし、「他(の開発会社)でも良いのではないかと感じた」ということだ。

実現すれば、プレイヤーは『スター・ウォーズ』の銀河を自由に冒険できることになる。個性的な惑星間を移動したり、クリーチャーと出会ったり、ジェダイやシスであればフォースやライトセーバーを操ったりすることもできるのだろう。

Source:Wired,Ubisoft

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly