Menu
(0)

Search

若きドゥークー伯爵&クワイ=ガン・ジンやアソーカ誕生描く『スター・ウォーズ』短編アニメ「Tales of the Jedi」2022年秋配信へ ─ 宮崎駿からの影響も

https://twitter.com/starwars/status/1530669181439332352

スター・ウォーズ』お馴染みのキャラクターを全6話で描く短編アニメシリーズ「Star Wars: Tales of the Jedi(原題)」がディズニープラス(Disney + )にて2022年秋より配信となることがわかった。イベント「スター・ウォーズ・セレブレーション」で発表された。

本シリーズは、「ふたつの道とふたつの選択」をテーマに、幼きアソーカ・タノとその母、若きドゥークー伯爵クワイ=ガン・ジンを描く。「マンダロリアン」などのデイブ・フィローニが手がける。

アソーカ・タノのエピソードでは、アソーカの母とアソーカの出生が描かれる。ゲーム『スター・ウォーズ バトルフロントII』でアイデン・ヴェルシオ役の声を演じたジャニナ・ガヴァンカーが声優で復帰、アソーカの母役を担当する。

ドゥークー伯爵といえば、かつてはヨーダのパダワンだったジェダイとして知られる。本作では、若かりし日のドゥークーと、彼のパダワンを描くという。

ドゥークーのパダワンとは、クワイ=ガン・ジンである。クワイ=ガン役には、映画版からリーアム・ニーソンが続投することも明らかにされた。パダワン時代の若きクワイ=ガンの声は、リーアムの息子マイケル・リチャードソンが担当するという。

デイヴ・フィローニは、本作の作風を「トーン・ポエム」と表現。セリフは最小限に留め、映像によって語られる物語になるという。ガヴァンカーによれば、本作は「とてもミニマルで、静かで控えめ」。宮崎駿からの影響もあるという。

「Star Wars: Tales of the Jedi(原題)」はディズニープラスにて2022年秋配信予定。

Source:StarWars.com

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。運営から記事執筆・取材まで。数多くのハリウッドスターにインタビューさせていただきました。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly