Menu
(0)

Search

『スター・ウォーズ』新作映画、女性監督を起用の意向 ─ ルーカスフィルム社長が明かす

キャスリーン・ケネディ Kathleen Kennedy
Photo by Dick Thomas Johnson https://www.flickr.com/photos/31029865@N06/25070399738

スター・ウォーズ』シリーズを手がけるルーカスフィルムは、今後製作されるシリーズの新作映画に女性監督を起用する意向のようだ。キャスリーン・ケネディ社長が明らかにした。

2020年2月2日(現地時間)、ケネディ社長は英国アカデミー賞授賞式に参加。映画界で優れた功績を収めた人物に贈られる「友愛賞(Fellowship)」の受賞に先がけて、英BBCの取材に応じ、「『スター・ウォーズ』に女性監督が登場するのはいつでしょうか?」との質問に「もう登場していますよ」と笑顔で応えている。「『スター・ウォーズ』には素晴らしい女性たちが2~3人関わっています。デボラ・チョウをオビ=ワンのシリーズにもお招きしましたしね」

ケネディ社長の言う通り、すでに『スター・ウォーズ』には数名の女性監督が起用されている。オビ=ワン・ケノービのドラマシリーズ(タイトル未定)で監督・製作総指揮を務めるデボラ・チョウは「マンダロリアン」でエピソード監督を務めており、同作には女優・監督のブライス・ダラス・ハワードも参加している。また、『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』(2019)では、J・J・エイブラムスを補佐するセカンド・ユニット・ディレクターをヴィクトリア・マホーニーが務めた(黒人女性監督のシリーズ参加は史上初)。こうした経緯を受け、インタビュアーが「いよいよ(女性監督が)映画も撮るのでしょうか?」と聞けば、ケネディ社長は「もちろん。間違いありません」と答えている。

『スター・ウォーズ』の映画シリーズは、『スカイウォーカーの夜明け』でスカイウォーカー・サーガが完結したことを受け、今後は新たな局面へ進んでいく。ただし、2022年・2024年・2026年に公開予定の新作映画を誰が手がけるのかは不明だ。「ゲーム・オブ・スローンズ」(2011-2019)のデヴィッド・ベニオフ&D・B・ワイスが離脱した今、ルーカスフィルムは『最後のジェダイ』(2017)のライアン・ジョンソンによる3部作のほか、マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長がプロデュースする新作を企画中。『ジョジョ・ラビット』のタイカ・ワイティティ監督も契約交渉に入ったと報じられている。しかしながらルーカスフィルムの方針によっては、これらよりも早く、女性監督による新作が入ってくる可能性もあるだろう。いずれ来るであろう、正式発表の時を楽しみに待ちたい。

あわせて読みたい

Source: BBC

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。劇場用プログラムや各種媒体への寄稿なども喜んで承りますので、お気軽にお尋ねください。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly