Menu
(0)

Search

『ターミネーター2』ジェームズ・キャメロン、エクスタシーをキメて構想していた

ジェームズ・キャメロン
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/28003289954

不朽の名作ターミネーター2』(1991)については、公開30周年を経た今も語るべきことが多い。米The Ringerに登場したジェームズ・キャメロンによれば、本作の主人公のひとりであるジョン・コナー少年期のアイデアは、ドラッグと、スティングの楽曲からインスピレーションを受けて誕生したのだという。

「E(エクスタシー)でハイになって、『ターミネーター』のノートを書いていたことを覚えています。そこでスティングの曲を聴いて、くらっちゃって。“ロシア人だって自分の子供が可愛いはずなんだ(I hope the Russians love their children too.)”というところなんですけど。それで思ったんです。“核戦争って、人生そのものへのアンチテーゼだな”って。それで、あの子(ジョン・コナー)が出来たんです。」

※エクスタシー:MDMA。『ターミネーター2』が製作された1980年代に広まっていた。

キャメロンがハイになって聴いてたスティングの楽曲は1985年の「Russians」で、冷戦時代における西側からロシア(ソ連)に対する恐怖や、「イデオロギーは違っても、みな同じ人間なのだ」というメッセージを歌う曲。核戦争勃発の日である“審判の日”への緊張感が漂う『ターミネーター2』の構想にあたって、この「Russians」から受けたインスピレーションが役立ったということだ。

『ターミネーター2』構想時はエクスタシーをキメていたというキャメロン。一体どのようなビジョンを見て、ジョン・コナーというキャラクター像を浮き上がらせたのだろう。もちろん、そのプロセスを再現するわけにはいかないから、スティングの楽曲を聴くまでにしておこう。

あわせて読みたい

Source:The Ringer

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly