Menu
(0)

Search

『ターミネーター2』ジェームズ・キャメロン、エクスタシーをキメて構想していた

ジェームズ・キャメロン
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/28003289954

不朽の名作ターミネーター2』(1991)については、公開30周年を経た今も語るべきことが多い。米The Ringerに登場したジェームズ・キャメロンによれば、本作の主人公のひとりであるジョン・コナー少年期のアイデアは、ドラッグと、スティングの楽曲からインスピレーションを受けて誕生したのだという。

「E(エクスタシー)でハイになって、『ターミネーター』のノートを書いていたことを覚えています。そこでスティングの曲を聴いて、くらっちゃって。“ロシア人だって自分の子供が可愛いはずなんだ(I hope the Russians love their children too.)”というところなんですけど。それで思ったんです。“核戦争って、人生そのものへのアンチテーゼだな”って。それで、あの子(ジョン・コナー)が出来たんです。」

※エクスタシー:MDMA。『ターミネーター2』が製作された1980年代に広まっていた。

キャメロンがハイになって聴いてたスティングの楽曲は1985年の「Russians」で、冷戦時代における西側からロシア(ソ連)に対する恐怖や、「イデオロギーは違っても、みな同じ人間なのだ」というメッセージを歌う曲。核戦争勃発の日である“審判の日”への緊張感が漂う『ターミネーター2』の構想にあたって、この「Russians」から受けたインスピレーションが役立ったということだ。

『ターミネーター2』構想時はエクスタシーをキメていたというキャメロン。一体どのようなビジョンを見て、ジョン・コナーというキャラクター像を浮き上がらせたのだろう。もちろん、そのプロセスを再現するわけにはいかないから、スティングの楽曲を聴くまでにしておこう。

あわせて読みたい

Source:The Ringer

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly