『ターミネーター』新作映画、メキシコ人俳優ディエゴ・ボネータが契約交渉中 ― 2015年「世界で一番ハンサムな顔」第1位

映画『ターミネーター』シリーズの新作映画について、メキシコ人俳優ディエゴ・ボネータが出演交渉に入ったようだ。米The Hollywood Reporter誌が報じている。

シリーズ通算6作目となる『ターミネーター』最新作には、T-800役のアーノルド・シュワルツェネッガー、サラ・コナー役のリンダ・ハミルトン、そしてプロデューサーとしてジェームズ・キャメロンが再集結。『ターミネーター2』(1991)の正統な続編として準備が進められており、監督は『デッドプール』(2016)のティム・ミラーが務める。

THR誌によれば、スタジオとの契約が無事に結ばれた場合、ディエゴは重要な役柄を演じるという。詳細は不明だが、どうやらアンドロイドではなく人間役ということだ。
ディエゴはこれまで、トム・クルーズら出演のミュージカル映画『ロック・オブ・エイジズ』(2012)やドラマ『スクリーム・クイーンズ』(2015-2016)、映画『ペレ 伝説の誕生』(2016)に出演。2015年には米TC Candlerが発表する「世界で最もハンサムな顔100人」の第1位に選出されたこともある。

なお『ターミネーター』最新作には、『ブレードランナー 2049』(2017)のマッケンジー・デイヴィスが人間の兵士・暗殺者役で出演交渉に入っていることも以前報じられた

映画『ターミネーター』最新作(正式タイトル不明)は2019年11月22日に米国公開予定。撮影は2018年6月より始まるとのことだが、心臓手術を終えたばかりのシュワルツェネッガーの体調が心配だ……。

Source: THR
Eyecatch Image: Photo by Richard Sandoval Remixed by THE RIVER

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。