Menu
(0)

Search

『ターミネーター』最新作、シュワちゃん「15分だけ見た、興奮した」 ─ ティム・ミラー監督&ジェームズ・キャメロンの共同作業を語る

アーノルド・シュワルツェネッガー
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/7588449480/

人気SFアクション映画『ターミネーター』シリーズの最新作『ターミネーター:ダーク・フェイト(仮題)』の製作は順調に進んでいるようだ。T-800役のアーノルド・シュワルツェネッガーが、完成した映像の一部をすでに観ていることを明かした。

シリーズの通算6作目となる本作は、『ターミネーター2』(1991)の正統な続編となり、プロデューサーとしてジェームズ・キャメロンが登板。『デッドプール』(2016)のティム・ミラーが監督を務めており、本撮影は2018年6月から11月にかけて、ハンガリー、イギリス、スペイン、メキシコにて実施された。

監督とジェームズ・キャメロンへの信頼

ファンサイト「The Arnold Fans」にシュワルツェネッガー自身が明かしたところによると、2019年3月3日(米国時間)時点で本作はCG作業の真っただなかにあるとのこと。「15分だけ見せてもらいましたが、素晴らしかったね。とても興奮しましたよ」。作品の内容について多くを語ることはできないそうだが、ミラー監督を「とても優秀ですよ」と絶賛するなど、充実した撮影の様子はたっぷりと語ってくれている。

「なぜ『デッドプール』が大ヒットしたのか、成功したのかがわかりました。彼(ミラー監督)はすごく計画的な人なんです。CGや特殊効果、スタントのエキスパートですしね。若い俳優から年を取った俳優まで、全員を演出するのを楽しんでいましたよ。一緒に仕事ができて嬉しかったですね。」

『ターミネーター:ダーク・フェイト』の“もうひとりの仕掛け人”が、プロデューサーを務めるジェームズ・キャメロンだ。『アバター』続編のため多忙だったというキャメロンだが、シュワルツェネッガーいわく「彼はコントロール狂ですし、『ターミネーター』は彼の息子なので」、撮影現場を頻繁に訪れてはミラー監督との議論を重ねていたという。

「ティムとジム(ジェームズ)の関係性は面白かったですね。[中略]彼は撮影に参加して、(ミラー監督と)興味深い話し合いをしていましたよ。シーンの演出をどうするか、セリフをどのように終わらせるか、一人一人や空間全体をどんな見た目にするべきか、といったことを。つまり、ジムとティム・ミラーがしっかりコラボレーションしていたわけです。二人の手できちんと扱われている感じでしたね。」

なおシュワルツェネッガーによれば、『ターミネーター:ダーク・フェイト』の製作費は1億6,000万~2億ドル。映画が完成していないため、正確な金額はまだわからないということだ。

映画『ターミネーター:ダーク・フェイト(仮題、Terminator: Dark Fate)』は2019年11月1日に米国公開予定

[お詫びとお知らせ]
記事初出時より、発言の翻訳を一部修正させていただきました。謹んでお詫びを申し上げます。

Source: The Arnold Fans

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly