Menu
(0)

Search

ライアン・レイノルズ&マーク・ラファロのタイムトラベル映画が撮影終了 ─ ゾーイ・サルダナ&ジェニファー・ガーナー共演、マーベル俳優が揃い踏み

https://www.instagram.com/p/CL-Mn6uhYed/

『デッドプール』シリーズのライアン・レイノルズが主演する新作SF映画『ジ・アダム・プロジェクト(原題:The Adam Project)』の撮影が終了した。このたびライアンのInstagramには、豪華共演者とのオフショットや場面写真が投稿されている。

「ガモーラ、エレクトラ、ハルク、デッドプール、それから僕が墓場で骨になった後にデッドプールを演じてくれる少年」。ライアンが記しているように、本作にはマーベル映画のヒーローたちが揃い踏みしている。デッドプール役のライアンをはじめ、マーベル・シネマティック・ユニバースのハルク役でおなじみマーク・ラファロ、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズでガモーラ役を演じているゾーイ・サルダナ、『デアデビル』(2003)『エレクトラ』(2005)のジェニファー・ガーナーだ。デッドプールの後継者にいきなり指名された子役のウォーカー・スコベルは、過去に『デッドプール2』(2018)のセリフを暗記してライアンを驚かせていた

本作はライアン演じる主人公が、13歳当時の自分を救うべくタイムトラベルに挑む物語。マーク・ラファロが過去の父親役、ジェニファー・ガーナーが過去の母親役、ゾーイ・サルダナが現在の妻役、そしてウォーカー・スコベルが主人公の少年時代を演じる。そのほか、悪役には『ゲット・アウト』(2017)のキャサリン・キーナーが起用された。

このたびライアンは撮影終了を報告し、「もしも本作が、撮られるべき何割かでも美しく、楽しく、野心的な作品になったなら、僕たちは本当にやり遂げたということだと思います」と記し、製作のNetflixとスカイダンス・プロダクションズ、『フリー・ガイ』(2021)に続き早くも再タッグとなった監督のショーン・レヴィ率いるスタッフチームへの感謝を表明した。いわく「予定より4日早く(帰りの)船に乗せてくれた」ということだ。

ちなみに、この投稿にはラファロがコメントを寄せている。「君の父親を演じられて本当に良かった。君のことは兄弟のように大好きだよ、すごく楽しかった」

映画『ジ・アダム・プロジェクト(原題:The Adam Project)』はNetflixにて全世界独占配信。今後のスケジュールは続報を待つべし。

あわせて読みたい

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。外部寄稿に『TENET テネット』『ジョーカー』『シャザム!』『ポラロイド』劇場用プログラム寄稿など。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly