もしもタランティーノが『スーサイド・スクワッド』を撮ったら まこと残虐な世界なり

暴力・残虐な描写が特徴的、カルト的人気を誇る映画監督クエンティン・タランティーノ。もし彼が、DCエクステンデッド・ユニバースの悪党が集結する映画スーサイド・スクワッドのコンセプトそのままに、タランティーノ版スースクを撮ったらどうなるだろうか?

ss

『パルプ・フィクション』からジュールス・ウィンフィールド、『ジャンゴ 繋がれざる者』からジャンゴ、『キル・ビル』からザ・ブライドとGOGO夕張、『イングロリアス・バスターズ』からアルド・レイン中尉が夢のチームを結成、悪党どもがナチス相手に容赦なく暴れまくる!
タランティーノ作品らしく、とにかく撃ちまくり、血しぶき飛びまくりだぜマザー◯ァッカー!

しかもこのパロディ予告編、実際の作品の本編をリミックスしたいわゆる『MAD』ではなく、ちゃーんとキャラクターに似た役者を集めて撮り下ろしているから感心してしまう。

オリジナルの予告編、ラストでハーレイ・クインがアパレルショップのショーウインドウを割り、中からバッグを盗み、「だってあたしたち悪党だも〜ん」ととぼける印象的なシーン、こちらのパロディ版ではおそらく敵の身体をナイフでゴリゴリ切りながら「だって俺ら悪党…みたいなもんじゃん」。これはこれで観てみたい?

About the author

インド旅行中、たまたま現地新聞に写真を撮られて掲載されるというミラクルを起こしました。持ってる男。THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。