Menu
(0)

Search

『キングスマン』タロン・エガートン、2019年公開の次回作には出演せず ― 今後の再登場を示唆

© 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

映画『キングスマン』(2014)、続編『キングスマン:ゴールデン・サークル』(2017)で主人公エグジー役を演じたタロン・エガートンが、2019年に米国で公開される次回作(タイトル未定)に出演しないことを認めた。英Yahoo! MOVIESのインタビューにて明かしている。

これまで『キングスマン』シリーズの次回作については、エグジーとコリン・ファース演じるハリーの関係性を描く『キングスマン3(仮題)』になるという説と、第一次世界大戦を背景とするシリーズの前日譚になるという説が存在した。噂の域を出ない情報では後者が有力とされていたが、ここにきてその可能性が急激に高まったことになる。

インタビューでタロンは、「これは言っていいと思うんですが、僕は次の『キングスマン』には出ないんです」と明言。その理由を尋ねられると「それは言えません」と応じている。ただし、これはタロンがエグジーを再び演じないという意味ではないようだ。

「もう二度と『キングスマン』に出ないということではありません。数日前にマシュー(・ヴォーン監督)には会いましたし、今でも一緒にしっかり仕事をしています。ただ、彼が『キングスマン』の世界で次にやることには関わらないんです。」

エグジーが登場しない『キングスマン』の次回作について、すでにタロンはマシュー監督から構想を聞いているようだ。「ものすごく刺激的なアイデアですよ」とだけ明かしたタロンは、このように付け加えている。

「彼(マシュー監督)と一緒に次の旅に出られないのは悲しいですけど、エグジーを見るのが最後になるわけではないですから。」

『キングスマン』の新作映画については、マシュー監督が2017年12月時点で脚本作業に入っていることを明かしていた。『ハリー・ポッター』シリーズのヴォルデモート役で知られるレイフ・ファインズや、ドラマ「TRUST」(2018)のハリス・ディキンソンが出演するとの噂も存在するが、真相はわからない。

ちなみにタロンとマシュー監督の次なるプロジェクトは、歌手エルトン・ジョンの半生を描くファンタジー・ミュージカル映画『ロケットマン(邦題未定、原題:Rocketman)』。タロンはエルトン役で主演を務め、マシュー監督は製作を担当。同作は2019年5月17日に米国公開される予定だ。

映画『キングスマン』新作映画(タイトル未定)は2019年11月8日に米国公開予定。『キングスマン:ゴールデン・サークル』Blu-ray&DVDは発売中。

Source: Yahoo!

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly