Menu
(0)

Search

【東京コミコン2016】マーベル副社長「日本人よ、日本にしか通用しないものばかりを創るな」世界を狙うマーベルの戦略に学ぶ【トークショー・レポ】

2016年12月2日(金)〜4日(日)、幕張メッセにて「東京コミコン2016」が開催、大盛況のうちに幕を閉じた。

会場内に設けられたメインステージでは、期間中さまざまなイベントやトークショウが開催され、多くの著名人やセレブリティが登壇。詰めかけた観客は、この貴重な機会を見逃すまいと熱心に聞き入っていた。

今回は、2日目となる12月3日(土)午後2時20分より開催された、「東京コミコン プレミアムトーク マーベル社 C.B.セブルスキー氏トークショー」のレポートをお届けしよう。

トークショーに登場したのは、マーベル社副社長であり、アジアにおけるブランドの管理&開発を担当している、C.B.セブルスキー氏。対談相手として登場したのは、『地球へ…』『イタズラなKiss』『薄桜鬼』『タイムトラベル少女〜マリ・ワカと8人の科学者たち』などなど数多くのアニメ作品で監督やプロデューサーを務める山崎理監督だ。

セブルスキー氏はアメリカで大学を卒業した後、4年間日本で生活していただけあって、実は日本語はペラペラ。ステージでは、形式上通訳さんと一緒に、山崎監督は日本語で、セブルスキー氏は英語でのトークが繰り広げられた。

セブルスキー氏は、かつて日本のアニメをアメリカに輸入し、英語版を制作してアメリカ向けにリリースする仕事の中で、実は山崎監督の作品も多く手がけていたんだそう。山崎監督とマーベル副社長の間には意外なつながりがあったようだ。

このトーク・セッションは、日米のポップカルチャーの意外な相互作用や共通点が語られ、マーベルがいかにしてグローバル戦略を考えているのか、そしてセブルスキー氏からは邦画業界への目の覚めるようなアドバイスが発せられるなど、たいへん貴重な内容となった。


セブルスキー氏
「私は小さい頃、アメリカで日本のアニメを沢山観て育ちました。でも、あなた方も子供の頃、マーベル作品を観られていたようですね。」

山崎監督
「そうですね。私は今54歳なんですけど、子供の頃は『鉄腕アトム』『鉄人28号』など日本のアニメーションが始まったばかりの時代で、TVで放送されているアニメの半分くらいはアメリカからのものだったんです。『ファンタスティック・フォー(宇宙忍者ゴームズ)』『大魔王シャザーン』『スーパースリー』など、アメリカから輸入されていた作品を小学生のころ観ていて。こうしたマーベルやDCなど、アメコミ作品に影響を受けてアニメの業界に入った人間は私の世代には非常に多いんです。」

セブルスキー氏
これはよく見落とされるポイントなのですが、日本の漫画はマーベル・コミックスに多大な影響を及ぼしているんです。ヒーローが登場するという点だけでなく、人間的なテーマを取り扱っているという点も、日本の漫画とマーベル・コミックスの両者に見られる特徴だと思います。」

山崎監督
「マーベル作品には、ヒーローがかっこよく戦うだけではなくて、ヒーローたちが悩み葛藤し、成長していく物語を描いているものが非常に多いですね。」

なぜマーベルは『ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ』をつくったのか?世界を狙うマーベルが考えていること

山崎監督はこの話の流れで、マーベル映画作品と比較しながら今の日本のアニメ業界が抱えている課題を吐露する。

山崎監督
「映像の技術が発達し、実写でもアニメーションと変わらないようなカメラワークが成立している。最近のマーベル映画はどうやって撮影したのかわからないような域に達しています。
マーベル映画は、これまでアニメーションでしか実現できなかったような映像が作れてしまっている。そこが私たちにとってはすごく脅威だし、憧れる所です。

私から聞きたいんですけど、『アベンジャーズ』シリーズはあれだけの規模で実写映画が作られていながら、日本向けに『ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ』という手描きのアニメが作られました。なぜ今、ああいった手描きのアニメーションを作ろうと思ったのか、どういうコンセプトだったんでしょうか。

https://youtu.be/oqKjkFECo-o
セブルスキー氏
「良い質問ですね。

そもそもスタン・リーがマーベル・ユニバースを創り出した時、彼には“マーベル・ユニバースとは窓の向こうに広がっている世界だ”というコンセプトがあったんです。コミックブックを開いたときに、そこに広がる世界があたかも現実であるように思わせる、というものです。ふと窓の外を見た時に、まるでそこにスパイダーマンがいてスイングしている姿を想像できるようなものを創ったわけです。だからマーベルは、ニューヨークやワシントンDCなどの実在する街を舞台にしたんです。

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。代表。運営から記事執筆・取材まで。数多くのハリウッドスターにインタビューを行なっています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly