Menu
(0)

Search

「東京コミコン2018」『バンブルビー』ブースは『トランスフォーマー』展示が超充実 ― 人気グッズも見逃すな

東京コミコン2018
©THE RIVER

2018 年11月30日(金)~12月2日(日)開催の「東京コミコン2018」(幕張メッセ)には、今後劇場公開を控える映画のブースが数多く出展されている。本記事では会場内でも特に大きなインパクトを示している、2019年3月22日(金)公開予定の『トランスフォーマー』シリーズ最新作、映画『バンブルビー』のブースをチェックしてみよう。

東京コミコン2018
©THE RIVER

撮影スポット「巨大バンブルビー」

『バンブルビー』ブースでまず来場者をお出迎えするのは、巨大バンブルビー。等身大とはいかないものの、そのリアリティと大きさで圧倒的な存在感を発揮している。バンブルビーの前にトランスフォーマーのコスプレイヤーが現れると、バンブルビーとのツーショットを撮るために多くの来場者が足を止めるという、コミコンらしい風景も見受けられた。

またブースの奥には、バンブルビーの腕の横に立って一緒に写真を撮影できるフォトスポットが。こちらのバンブルビーは目をキョロキョロ動かし、映画さながらの可愛さを発揮。写真だけでなく、動画でも撮影したくなるような場所になっている。

東京コミコン2018
©THE RIVER

「トランスフォーマー」フィギュア、多数展示

また『バンブルビー』ブースでは、タカラトミーによって発売されている『トランスフォーマー』シリーズの変形ロボット玩具が展示されている。

映画『トランスフォーマー』シリーズ

映画『トランスフォーマー』シリーズのファンにはたまらない展示となっているのがこちらのセクションだ。『トランスフォーマー』(2007)、『トランスフォーマー/リベンジ』(2009)、『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』(2011)、『トランスフォーマー/ロストエイジ』(2014)、『トランスフォーマー/最後の騎士王』(2017)と、全映画シリーズのフィギュアが順番に展示されている。

こちらの注目ポイントは『Studio Series』。映画公開後に製作されたことによって、さらに再現度が増した商品となっている。完全再現されたオプティマス・プライムやグリムロックといった映画キャラクターを是非とも楽しんで欲しい。

東京コミコン2018
©THE RIVER

『Transformer Siege』シリーズ

『Transformer Siege』は、サイバトロン星で繰り広げられる超ロボット生命体達の闘いを再現したシリーズ。映画のファンだけでなく、トランスフォーマーをオモチャが販売された初期の時代から見守ってきたファンに嬉しい展示セクションとなっている。バトルの臨場感を再現するため、フィギュアにエフェクトパーツや汚し塗装が加えられているのが大きな魅力だ。

東京コミコン2018
©THE RIVER

『Master Piece』シリーズ

『Transformer Siege』の右隣に展示されている『Master Piece』シリーズは、変形ロボット玩具の中でも最高峰との呼び名の高いブランド。細かいディテールから関節の動きまで最高の技術で作り出しており、非常にクオリティの高い商品となっている。「東京コミコン 2018」では、シリーズ新商品の『MP-43 メガトロン(ビーストウォーズ)』や、チータに変形する『MP-34 チータス(ビーストウォーズ)』、『MP-44 コンボイ ver 3.0』など幅広い商品が展示中だ。

東京コミコン2018
©THE RIVER

『バンブルビー』シリーズ

こちらには、映画『バンブルビー』の商品が展示されている。本作の場面写真を背景に、『Studio Series』から『Master Series』まで幅広いシリーズのバンブルビー・フィギュアが展示されており、バンブルビーの新たな魅力に触れられること、間違いないだろう。

東京コミコン2018
©THE RIVER

グッズ販売

なお『バンブルビー』ブースはグッズ販売も充実。大人気となっているのは、東京コミコン開催記念品の「SS-EX バンブルビーレトロガレージセット」。ゴールドカラーのバンブルビーに復刻版のカセットロボットが2種類ついたスペシャルセットだ。

また、映画『バンブルビー』ムビチケも大人気。女性からの人気を集めたという、数量限定特典の特製キーホルダーは12月1日(土)で配布終了となった。ほかにも明治維新から150周年を記念して、「早期から世界に目を向けて羽ばたいた日本の雄」という共通点から坂本龍馬と『トランスフォーマー』のコラボが実現。Tシャツやメタル根付といったオリジナルグッズが先行販売されている。

東京コミコン2018
©THE RIVER

『バンブルビー』

自分の居場所を見つけられない思春期の少女チャーリーは、海沿いの小さな廃品置き場で、ボロボロの黄色い車を見つける。「バンブルビー」と名付け、修理したこの車が、やがて普通の車ではないと気づくのに時間はかからなかった。1987年、まだ地球は平和な生活を送っていた。その時までは……。シリーズきっての人気キャラクター、バンブルビーが主人公の映画『バンブルビー』の舞台は、シリーズ第1作『トランスフォーマー』(2007)でバンブルビーがサムと出会う以前の物語。

映画『バンブルビー』は2019年3月22日(金)全国ロードショー

『バンブルビー』公式サイト:http://Bumblebee.jp
タカラトミー公式サイト:https://www.takaratomy.co.jp

「東京コミコン2018」開催概要

東京コミコン

会期:
2018年11月30日(金)12:00~19:00
2018年12月1日(土)10:00~19:00
2018年12月2日(日)10:00~18:00

会場:幕張メッセ国際展示場9・10・11ホール

チケット情報

前売入場券

※チケットぴあ、ローソンチケット、イープラスの3社で発売
発売:2018年9月1日(土)10:00~2018年11月29日(木)まで
11月30日(金):一般2,800円(税込)中高生2,200円(税込)
12月1日(土)、2日(日):一般3,200円(税込)中高生2,200円(税込)
詳細につきましては、オフィシャルサイトにて後日発表となります。
※英語でのご案内、海外在住の方はこちらのサイトをご利用いただけます。
Tickets for English Speaking persons and non-residents are available at:http://hollycontokyo.com/

当日入場券

※チケットぴあで発売
発売:2018年11月30日(金)0:00~
一般3,500円(税込)中高生2,500円(税込)
詳細につきましては、オフィシャルサイトにて後日発表となります。

「東京コミコン 2018」公式サイト:http://tokyocomiccon.jp/

Source: タカラトミー(1, 2, 3)

Writer

Marika Hiraoka
Marika Hiraoka

THE RIVER編集部。アメリカのあちこちに住んでいました。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly