Menu
(0)

Search

『東京コミコン2022』セレブエリア撮影会は例年通りの予定、アクリル板の設置なし

東京コミコン2022

東京コミコン2022』セレブエリアでの撮影会は、例年通りの形式となるようだ。

『東京コミコン』では来日ゲストとの写真撮影が魅力の一つだ。既に来日ゲストも続々発表され、憧れのスターとの生対面を心待ちにする方も多いだろう。

しかし、コロナ禍以降初の開催とあって、撮影時に何らかの制限が生じるのではと懸念する声もあった。THE RIVERが東京コミコン側に確認したところ、アクリル板などの設置はせず、例年通りの撮影会を予定しているとの回答が得られた。

また、マスクを外しての撮影もできるよう、感染症対策は強化(ワクチン接種/陰性証明書の提示必須)される。撮影会/サイン会が行われる「セレブエリア」に入場する際には、「3回目のワクチン接種証明書」または「陰性証明書」の提示が必須だ。「陰性証明書」は、11月22日0時以降の発行でなくてはならない。なお、小学生以下は免除になる。

「3回目のワクチン接種証明書」には注意が必要だ。これは、接種時に使用した「接種券(クーポン)」とは異なり、各自で申請する書類もしくはアプリのこと。詳細は厚生労働省のWebサイトでよく確認しよう。ちなみに『東京コミコン』Webサイトでは「ワクチン接種証明書」について「書類」と言及されているが、こちらも東京コミコン側に確認したところ、接種証明アプリ画面の提示でも対応可能とのことだ。

書類の場合、接種証明書を申請してから手元に届くまでは、自治体によっては数日かかることもあるため、必ず早めの確認を推奨したい。当日になって入場できなかった!という事態だけは避けよう。

ほか、マスクを外しての撮影という都合上、撮影ブース内では会話を控えるとのルールもある。これらについては『東京コミコン』Webサイト「よくある質問」ページで確認し、当日は現場のスタッフの指示に従おう。

現時点で発表されている『東京コミコン2022』来日セレブゲストは、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』カレン・ギラン、ポム・クレメンティエフ、『スター・ウォーズ』アンソニー・ダニエルズ、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』クリストファー・ロイド、「ストレンジャー・シングス 未知の世界」ジョセフ・クイン、ジェイミー・キャンベル・バウアー。開催は2022 年 11月25日(金)、26日(土)27日(日)の3日間。

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。運営から記事執筆・取材まで。数多くのハリウッドスターにインタビューさせていただきました。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly