Menu
(0)

Search

『TENET テネット』興行収入20億円突破、『ダークナイト』3部作超え ─ 週末ランキングもNo.1返り咲き

TENET テネット
© 2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

クリストファー・ノーラン監督の最新作TENET テネットが、『ダークナイト』3部作を超えて国内興行収入20億円を突破したことがわかった。週末動員ランキングでは、新作を抑えて再び首位に返り咲いている。

『TENET テネット』は2020年9月18日(金)から全国488スクリーンで封切られ、公開4週目も勢いを落とさず週末興行収入は堂々の4週連続No.1を達成。週末動員ランキング(10月10~11日)でもNo.1、国内累計興行収入は20億2,165万400円(観客動員数124万8,597名)となった。

この成績は、クリストファー・ノーラン監督の過去作品と比較すると、『バットマン ビギンズ』(2005)『ダークナイト』(2008)『インターステラー』(2014)『ダンケルク』(2017)の最終興行収入はもちろんのこと、『ダークナイトライジング』(2012)の最終興収19.7億円を上回るもの。週末興行収入で4週連続No.1を獲得するのは、『パラサイト 半地下の家族』『今日から俺は!!劇場版』でもなしえなかった2020年初の快挙となる。

ちなみに10月10日(土)からは、観客動員数100万人突破を記念した入場者特典「テネるカード」も配布開始されている。

入場者特典情報、詳細はこちら

映画『TENET テネット』は2020年9月18日(金)より全国公開中。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly