『デッドプール2』Xフォースのメンバー演じたテリー・クルーズ、続投に熱意 ─ でも、どうやって?

映画『デッドプール2』(2018)でXフォースの一員、ベドラムを演じたテリー・クルーズは、『デッドプール』シリーズ続編での再登場を願っているようだ。でも、どうやって…?

注意

この記事には、『デッドプール2』のネタバレ内容が含まれています。

デッドプール2

© 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

テリー・クルーズが演じたベドラムは、ミュータントの少年ラッセルを助けるため、スカイダイビングからラッセルの乗る護送車を襲撃しようと試みる。ただし決行当日はあいにくの強風、パラシュートが風に煽られてメンバーは次々と着地に失敗。シャッタースターはヘリコプターのプロペラに巻き込まれ、ツァイトガイストは粉砕機に飛び込み、彼を助けようとしたピーターは酸性のゲロで顔面を溶かされ、透明人間のバニッシャーは電線に引っかかって感電死。そして、ベドラムもバスに轢かれ、無念の死を遂げた…と思われていた。

Phoyo by Gage Skidmore

しかし、ベドラムを演じたクルーズは少し違う解釈をしている。TV Critics Associationのプレスツアーパネルで語ったものとして/Filmが伝えるところによると、「実は映画をよく見ると、僕は延命させられているんですよ」という。「僕は復活させようとされていたわけ。だから、体や頭をチョン切られたりしなかったんですね。何かあるかもしれないですよ。『デッドプール3』にも是非出たい。」

確かに他のXフォースのメンバーはプロペラに巻き込まれたり、電線に引っかかったりと、確実な死に方をしている中、ベドラムだけは少し希望の残る”死に方”をしている。もっとも、あの勢いで空からバスに衝突していたら、普通は死んでしまうだろうが…。

ただ、Xフォース全員が続編に戻ってこられる方法として一つ考えられることがある。デッドプールがケーブルのタイムマシンで過去に戻った際、ピーターだけでなく、メンバー全員を救っていたという展開だ。果たして『デッドプール2』の続編に、ベドラムや死んだXフォースのメンバーは参戦することができるのか。同シリーズからはXフォースのスピンオフ映画も具体的に構想されており、そちらの展開にも要注目だ。

Source: /Film

About the author

THE RIVER編集部。アメリカのあちこちに住んでいました。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。