Menu
(0)

Search

『アベンジャーズ/エンドゲーム』のサノスに使われたVFX技術、『モービウス』でも活用

モービウス
(C)2022 CTMG. (C) & TM 2022 MARVEL. All Rights Reserved.

ソニー・ピクチャーズが贈る、『ヴェノム』『スパイダーマン』に続くマーベル最新作『モービウス』マーベルの新たなるヴィランを描く本作でVFXを手がけたアーティストが、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)のサノスに使ったVFX技術を活用したと明かしている。

『エンドゲーム』では多量のデジタル・エフェクトを使用してキャラクターが作成されたが、ジョシュ・ブローリンが演じたサノスをはじめとするビジュアルの数々が驚くほどリアルだった。これは、デジタルモデルをゼロから構築する代わりに、VFXアーティストが俳優を撮影セットで録画し、ドットを使用して人間の微妙な表情などを全てキャプチャした後にモデルに変換したことで実現したという。『モービウス』でVFXを監修したマシュー・E・バトラーが、本作でも同じプロセスを踏んだと説明してる。

「(ダニエル・エスピノーサ監督とVFXチームが)ステージで俳優に演じさせ、顔に印されたドットの配列を使用して、そのパフォーマンスをキャプチャし直すことに決めました。そういった微妙なもの全てをキャプチャできるヘルメットカメラや、その動きを完全に異なるクリーチャーのパフォーマンスに変換できるソフトウェアを使って。それは、サノスで非常に上手くいった方法です。

またバトラーは、『モービウス』では天才医師マイケル・モービウスが吸血鬼のような血に飢えたヴィランに変身するため、キャラクターを人間からモンスターへ素早く切り替える必要性に迫られたとも明かしている。

「モービウスは人間のバージョンから吸血鬼のバージョンに“咲く”ことができるので、その段階にずっといる訳ではありません。彼は怒りを通じて、(その段階に)出入りすることが出来るのです。彼は異なる表情の変化に対応できる必要がありました。ひとつの解決策は、(俳優を)そのまま撮影して顔を操作することです。それは機能しますが、時には大きく外れてしまうこともあります。よって、モーションキャプチャ・データにおけるクリーチャーはかなり違っているとはいえ、その人物像や彼らの特徴に関する特異性や微妙さ、口の動きを全てキャプチャする必要があるのです。」

映画を観賞する時はモービウスが変身するシーンで、どのようなVFXやモーションキャプチャの技法が使われているのか、想像しながらビジュアルを楽しみたいものだ。

『モービウス』は、2022年4月1日より日本公開スタート。

Source:CBR

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly