Menu
(0)

Search

ベン・アフレック主演『ザ・コンサルタント』続編が製作へ、監督が明言 ─ ジョン・バーンサルも再演か、3部作完結の可能性

(c) 2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

『ゴーン・ガール』(2014)『ジャスティス・リーグ』(2017)などのベン・アフレックが主演を務めたアクション映画『ザ・コンサルタント』(2016)の続編映画が製作されることがわかった。監督のギャヴィン・オコナー自らが明かした。

『ザ・コンサルタント』は、田舎町の会計コンサルタントにして危険な顧客を抱える“裏社会の掃除屋”で、実は高い戦闘能力を持つ男クリスチャン・ウルフ(アフレック)を描いたサスペンス・アクション。続編の企画自体は2017年6月頃より始動していたようで、2020年3月にはアフレックが続編への意欲を語っていた

このたび、米CinemaBlendのポッドキャスト番組に出演し、『ザ・コンサルタント』の続編企画について口を開いたオコナー監督は、「私たちは続編をやります。ちょうど契約を結んだところなんです」と発言。「『ザ・コンサルタント』をまた作るんです」と改めて明言した。

監督によれば続編では、殺し屋集団のリーダー、ブラクストンを演じたジョン・バーンサルが再登場する模様。アイデアについて「続編では彼(クリスチャン)の弟をストーリーに組み込んでいきたいんです」とオコナー監督は語っているのだ。「なので、2作目ではバーンサルの登場時間がもっと増えることになると思います」。

続編の製作開始時期についてすら定かでないが、オコナー監督は今後の予定として「前から3作作りたかったんですよ」と3部作での完結もさっそく示唆。ダスティン・ホフマンとトム・クルーズが兄弟役で共演した映画『レインマン』(1988)の「強化版」になると予告している。「2人の兄弟の奇妙な組み合わせで、バディ映画みたいになる予定です」。

なお、オコナー監督は、『ザ・コンサルタント』後にアフレックと再タッグを組んだ映画『ザ・ウェイバック』についても言及。「続編はないです」と話している。

あわせて読みたい

Source: CinemaBlend

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Tags

Ranking

Daily

Weekly

Monthly