Menu
(0)

Search

『ザ・バットマン』声優、櫻井孝宏に決定 ─ 吹替版予告編が公開、石田彰や金田明夫らキャスト一挙発表

ザ・バットマン
© 2021 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & © DC

ロバート・パティンソン主演、DCコミックスの新作映画『THE BATMAN- ザ・バットマン-』より、豪華日本語吹替版キャストが発表された。

ブルース・ウェインバットマンを担当するのは、『劇場版 呪術廻戦0』『鬼滅の刃』などで知られる櫻井孝宏。『トワイライト』シリーズや『TENET テネット』など、数々の作品でバットマン役のロバート・パティンソンの吹替えを担当してきた櫻井は、「歴史あるタイトルへ参加できて光栄です。重厚な世界観、孤独を背負う登場人物たち、ストーリーに仕掛けられた謎。 狂気が溢れる壊れた街に、センシティブで危うい新たなバットマンが誕生します」とコメントしている。

ほか、ネコのようなマスクを纏った謎の女泥棒セリーナ・カイル(キャットウーマン)役には、『ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン』で知られるファイルーズあい、ゴッサム・シティを恐怖に陥れる史上最狂の知能犯リドラー役には、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』などの石田彰、 ゴッサム・シティの闇に通じるペンギン役には金田明夫が起用された。

さらに、両親を亡くしたブルースを支えるアルフレッド・ペニーワース役に相沢まさき、強い正義感を持つゴッサム・シティの刑事ジェームズ・ゴードン役に辻親八、ゴッサム・シティ最大の悪党ファルコーネ役に千葉繁、ブルースの亡き父トーマス・ウェイン役に森久保祥太郎が決定し、個性溢れる実力派キャストが作品を彩る。それぞれのキャラクターの個性を際立たせる吹替版キャストたちが集結した吹替版予告も公開されている。

『ザ・バットマン』日本語吹替声優 コメント

櫻井孝宏(ブルース・ウェイン/バットマン)ロバート・パティンソン

バットマン、ブルース・ウェインの吹き替えを担当します櫻井孝宏です。

歴史あるタイトルへ参加できて光栄です。

単独収録ではありましたが、スリリングで緊張感漂うバットマンの仄暗い世界を味わわせていただきました。

繰り返し流れるNirvanaの「Something In The Way」が耳にまとわりついて離れません。

重厚な世界観、孤独を背負う登場人物たち、ストーリーに仕掛けられた謎。

狂気が溢れる壊れた街に、センシティブで危うい新たなバットマンが誕生します。

是非劇場でご覧ください。

ファイルーズあい(セリーナ・カイル/キャットウーマン)ゾーイ・クラヴィッツ

子供から大人まで、世界中でたくさんの方に愛されているバットマンに、まさか自分が出演できるなんて思いもしなかったので、本当に嬉しい気持ちでいっぱいです!

オーディションの時からセリーナには特別な魅力を感じていて、セクシーなだけじゃない、意志の強い瞳や、自分を見失わずに戦い続けるところ、たまに見せる年相応なところにとても惹かれました。

猫のように飄々と振る舞いながらも、様々な出来事に葛藤する彼女を演じることはとても難しかったですが、役者として大きな成長になりました。

ぜひ、彼女達の活躍を劇場でお楽しみください!

石田彰(リドラー)ポール・ダノ

バットマンの敵役として歴史のあるリドラーの吹替えで日本語吹替版に参加できることは大変光栄なことなのですが、同時に大きなプレッシャーでもありました。

でもそんな気持ちを吹き飛ばすほど、実際に演じることになった今回のリドラーは、自分が全く予測していなかった描かれ方をしていて面食らったのも事実です。

お馴染みの素材も切り口を変えることでこうも新鮮な面が見られるものなのですね。

アメコミのヴィランとしての突き抜けたキャラクターを前面に押し出すのではなく、こういう発想の犯罪者が現実世界にいても不思議はないと思わせるような描き方がされていて、そこに説得力を感じます。

自分は実際に劇中のリドラーのとった方法と、実際に起こっている事件と重ね合わせました。そう感じられる方は多勢いらっしゃると思います。

そんなまさに現代を映し出した「THE BATMANーザ・バットマンー」を見に、ぜひ映画館へ足をお運びください。

金田明夫(オズワルド・コブルポット/ペンギン)コリン・ファレル

長きに渡り人々に愛され続けているバットマン。

そのバットマンと死闘を繰り広げるヴィラン達。その一人を演じられるとは!

オファーを受けた時はハラハラワクワクドキドキ気分で一杯になりました。

収録中もいい緊張感の中楽しく演じられました。

このバットマン、いゃあ面白い!間違いなく面白い!是非、劇場に足を運んで下さい!

相沢まさき(アルフレッド・ペニーワース)アンディ・サーキス

バットマンは、超人的な能力ではなく、その肉体と頭脳で戦う、人間的な魅力に溢れているところがとても好きなので、今回オファーを頂いた時はとても嬉しかったです。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly