Menu
(0)

Search

『ザ・バットマン』悪役ペンギン、役目はさほど多くない ─ コリン・ファレル「早く撮影再開したい」と意欲

コリン・ファレル
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/27995501294/ Remixed by THE RIVER

DCコミックスによる新たな単独映画『ザ・バットマン(原題:The Batman)』において、コリン・ファレル演じる悪役ペンギンの出番はあまり多くなさそうだ。GMA News Onlineのインタビューにて、ファレル本人が撮影の進捗を明かしている。

『ザ・バットマン』は2020年1月下旬に撮影が開始され、新型コロナウイルスの影響を受け、3月14日に撮影の中断が発表された。それから2ヶ月が経った今も再開の見通しは立たない状況だ。今回、ペンギン役について尋ねられたファレルは「キャラクターにとっての美学を作り上げていくのが興味深かったですね。さらに掘り下げられることが楽しみで仕方ありません」と意気込みを表明している。ところが、「そんなにやることが多いわけではないんですよ」とも語ったのだ。

「(映画に)ある程度は登場します。いたるところに出てくるというわけではありませんけど。でも、いくつか面白いシーンがあるので、撮影の再開が待ち遠しいですね。これまでにない経験になると確信してますよ。独創的で楽しい感じです。とはいえ、まだ始まったばかりなので、とにかく早く復帰したいんです。」

ちなみに、ファレルはアダム・ウェスト主演によるドラマ版「怪鳥人間バットマン」(1966-1968)を見て少年時代を過ごしたそう。「コミック版ではなくドラマ版に熱中していました。それからティーンエイジャーになって、ティム・バートン版にも心奪われましたね。もちろん、(バットマンに)再び息を吹き込み、タイムリーかつ現代的なテーマを与えたクリストファー・ノーラン版の大ファンでもあります。今もなお語り継がれる物語に参加できるだけでも嬉しいですね」。

『ザ・バットマン』はブルース・ウェイン/バットマンの若き日を描く物語となり、主演は『グッド・タイム』(2017)などのロバート・パティンソンが務める。ヴィラン役としては、ファレルのほか、キャットウーマン役で『ファンタスティック・ビースト』シリーズのゾーイ・クラヴィッツ、リドラー役でポール・ダノが登場。そのほか、アルフレッド・ペニーワース役をアンディ・サーキスが、暗黒街の首領カーマイン・ファルコン役をジョン・タトゥーロが、そしてジェームズ・ゴードン刑事役をジェフリー・ライトが演じる。

映画『ザ・バットマン(原題:The Batman)』は2021年10月1日に米国公開予定。

あわせて読みたい

Source: GMA News Online

Writer

南 侑李
minami南 侑李

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「まるで、映像を見ているかのように読者が想像できるような」文章をモットーに映画の記事を執筆しています。四六時中、「映画」のことばかり考えている映画人間です。どうぞ、宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly