Menu
(0)

Search

『ザ・バットマン』が『ダークナイト』に次ぐ高評価を獲得、米レビュー好評

ザ・バットマン
© 2021 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & © DC

クリストファー・ノーラン監督作、クリスチャン・ベールのバットマンとヒース・レジャーのジョーカーが激突したダークナイト(2008)といえば、アメコミ映画ファン、DC作品ファンのみならず、多くの映画ファンにとって永遠の名作のひとつに数えられる作品だ。

『ダークナイト』は何度見ても大好きだという方は、最新作『THE BATMAN-ザ・バットマン-』にも大いに注目すべきだ。バットマン新章を描くこの作品、各メディアでのレビューが解禁されるや高評価が相次いでおり、米レビューサイトのRotten Tomatoesでは『ダークナイト』に次ぐ高スコアを叩き出しているのである。

本記事時点で、『ザ・バットマン』のRotten Tomatoes批評家スコアは88%。これは『ダークナイト』の94%に続く、バットマン実写作品史上2位という高評価だ。『ダークナイト』トリロジーと比較すると、『ダークナイト ライジング』(2012)の87%、『バットマン ビギンズ』(84%)を凌駕している。

ほか、『バットマン リターンズ』(1992)の80%、『バットマン』(1989)の72%といった、80〜90年代のバットマン映画よりも高評価。CGアニメ映画『レゴバットマン ザ・ムービー』(2017)の90%といったダークホースもありつつだが、『ザ・バットマン』はバットマンの実写作品としてトップクラスの評価を受けているのである。

海外レビューでは「今の時代にふさわしいバットマン」(New York Magazine)「バートン、ノーラン、スナイダーの作品同様、リーヴスとそのチームは独自のスタイリッシュな重厚感を作り上げており、それを3時間続けている。これが実現されているのは率直に驚くべきことだ」(BBC.com)スーパーヒーローという概念そのものを解体し、問い正そうとする姿勢によって、このジャンルにおける最高傑作に加わった」(Variety)と概ね高評価だ。

『THE BATMAN-ザ・バットマン-』日本公開は2022年3月11日。『ダークナイト』に続く、新たなお気に入りの一作となるかもしれない?

Source:Rotten Tomatoes

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly