Menu
(0)

Search

『ザ・バットマン』サウンドトラックがフル視聴公開 ─『スパイダーマン』『ローグ・ワン』の作曲家が手掛ける

ザ・バットマン
© 2021 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & © DC

2022年3月4日に米国、2022年3月11日に日本公開を迎える世界待望のDC映画『THE BATMAN-ザ・バットマン』。このたび公開に先がけて、1時間56分にわたるオフィシャル・サウンドトラックが、ワーナー・ブラザースのレコード・レーベル、ウォータータワー・ミュージックのYoutubeアカウントより米国公開されている。

ブルース・ウェインロバート・パティンソン)がバットマンとなった2年目の物語を描く本作。両親の死により悪を制することを決めたブルースが、メインヴィランのリドラー(ポール・ダノ)から仕掛けられる謎解きを追うことに。ところが、その知能犯に翻弄されていくブルースは、やがて狂気の姿へと変貌してしまう。そのブルースの危うい姿は、これまでのバットマンシリーズでも一線を画すものとなる。

サスペンスの要素が色濃く、『ダークナイト』トリロジーや『ジョーカー』(2019)を彷彿とさせるような暗い世界観に包まれた本作。そんな本作の音楽を手掛けたのは、『ジュラシック・ワールド』『スパイダーマン』『猿の惑星』シリーズをはじめ、『クローバーフィールド/HAKAISHA』(2008)『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016)『ジョジョ・ラビット』(2019)などの名作曲家、マイケル・ジアッキーノだ。『メダル・オブ・オナー』『コール・オブ・デューティ』シリーズなどのゲーム作品を手掛けたことでも有名である。

本作の音楽は観る者を巻き込み、ブルースと共に謎解きをしていくかのような没入感を高めている。観る前に雰囲気を味わうのも良し、観てからの余韻に浸る用に取っておくのも良いだろう。

映画『THE BATMAN- ザ・バットマン-』は、2022年3月11日(金)全国公開。

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly