Menu
(0)

Search

『THE BATMAN-ザ・バットマン-』、米レーティングはPG-13 ─ R指定回避の理由は

ザ・バットマン

2022年のDC映画第1弾となる『THE BATMAN-ザ・バットマン-』の米レーティングがPG-13指定であることが明らかとなった。米Varietyが報じている。

これまでにリリースされた予告編やスポット映像などでも、かなりダークで過激な印象があったため、『ザ・バットマン』がR指定になるのではないかと予想する向きもあっただろう。アメリカ映画協会によると本作は、「激しい暴力と動揺させるコンテンツ、ドラッグに関するコンテンツ、激しい言葉遣い、含みのある要素」を含んでいるとのこと。

情報筋によれば、『ザ・バットマン』は、ここ近年で公開されたDC映画よりもリアリティに重点が置かれているが、過度な卑語やヌードがフィーチャーされていないため、R指定ではなくPG-13を取得することが出来たという。激しいアクションシーンは数多くあるが、無情に相手を刺す場面や銃撃戦よりも、建造物の爆発や車の破壊シーンが中心となっていることもレーディングを判断する決め手となったようだ。こういった点を踏まえると、クリストファー・ノーラン監督による非常にダークな『ダークナイト』3部作のレーディングがPG-13だったことも頷けるだろう。

ちなみに同じDC映画でも、ホアキン・フェニックス主演の『ジョーカー』(2019)、『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 Birds of Prey』(2020)、ジェームズ・ガンがメガホンを取った『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』(2021)はR指定で米公開された。

ヴィジランテとして暗躍を始めて2年目の若かりしバットマン/ブルース・ウェインが描かれる『THE BATMAN-ザ・バットマン-』は、2022年3月11日に日本公開。

Source:Variety

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly