Menu
(0)

Search

「ザ・ボーイズ」シーズン3、ヒーローガズムより「クレイジー」なのは第1話 ─ 鍵はジェンセン・アクレス演じるソルジャーボーイ

ザ・ボーイズ シーズン2
「ザ・ボーイズ」シーズン2 Amazon Prime Videoにて独占配信中

Amazonの人気ドラマ「ザ・ボーイズ」シーズン3は、第1話からヤバさ全開のようだ。これまで、シーズン3で映像化される原作コミックの衝撃エピソード「ヒーローガズム」について、ショーランナーのエリック・クリプキは、その「クレイジーさ」を幾度にわたって伝えてきた。しかし、このたび米Entertainment Weeklyで、クリプキは同エピソードを超える瞬間が第1話で訪れることを明かしている。

現在撮影が実施されているシーズン3については、制作陣やキャストから「全話で見たことのない何かが登場する」「狂っていて、特別」「よりダークになっていく」などと予告されている。そんなシーズン3でヤバさを担うのが、初登場するスーパーヒーロー、ソルジャーボーイであることは間違いない。「スーパーナチュラル」(2005-2020)のディーン・ウィンチェスター役で知られるジェンセン・アクレスが演じる。

クリプキは、インタビューで「ヒーローガズムをも超えて、僕たちがやってきたなかで一番クレイジーなことは、エピソード1にあります」と話している。エピソード1のタイトルは「ペイバック」であることが判明しており、その“ペイバック”とは、まさにソルジャーボーイが原作コミックで所属するヒーローチームを指す。ドラマ版で描かれるソルジャーボーイに関してはほとんどがベールに包まれているものの、シーズン2で登場したストームフロントもコミックでは”ペイバック”に属しているキャラクターで、アヤ・キャッシュが演じたストームフロントは鮮烈な印象を残した。「スーパーナチュラル」での誠実なディーンからは想像もつかない、ジェンセン演じるソルジャーボーイの“クズな”姿に想像が膨らむばかりだ。

ところで、ヒーローガズムとは、“セブン”や“ペイバック”などのヒーローチームが所属するヴォート・アメリカン社(ドラマではヴォート社)の主催で行われる年に一度のイベントのこと。離島に同社所属のスーパーヒーローたちが総結集し、淫らな行為をあけすけに行う、乱交パーティーである。第1話には、「ヒーローガズム」を超える瞬間が訪れると予告したクリプキだが、改めてヒーローガズムがどれだけクレイジーなのかについても伝えている。

「ヒーローガズムのラッシュ(フィルム)何回か観てきましたけど、正気じゃないほどのものでした。僕はプロデューサーとしてはベテランですが、これには毎日驚かされます。どれだけ狂ってるのかと疑うほどでしたよ。ただただクレイジーです。ヒーローガズムに期待しているコミックのファンの皆さんには、僕たちはしっかりそれをお届けすることを約束します。まさに起きようとしています。」

※撮影状態を確認するための、音声の入っていない未編集テープ

あわせて読みたい

Source: Entertainment Weekly

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly