Menu
(0)

Search

エミー賞無冠の「ザ・ボーイズ」、事前に独自のアワードを作ってしまう

ザ・ボーイズ シーズン2

テレビ界のアカデミー賞と言われるエミー賞より、2021年(第73回)の受賞者が発表された。今年は「ザ・クラウン」(2016-)や「クイーンズ・ギャンビット」(2021)などを手がけるNetflixがトータル44冠に輝いた。これに、「I May Destroy You」(2020)や「メア・オブ・イーストタウン/ある殺人事件の真実」(2021-)などのHBO Maxが19冠、「マンダロリアン」(2019)「ワンダヴィジョン」(2021)などのディズニープラス(Disney+)が14冠、「テッド・ラッソ:破天荒コーチがゆく」(2020-)などのApple TV+が10冠と続いている。

このエミー賞が発表される前、実はTwitter上ではもう一つのアワードの発表が行われていた。「ザ・ボーイズ」(2017-)に登場する巨大企業ヴォート社プレゼンツによる「スーピー(Supie)」なるアワードだ。エミー賞発表の前日9月18日(現地時間)、ヴォート社の公式Twitterは、以下のような投稿をしている。

「我々は、エミー賞のノミネーションを(そこまで)取れませんでしたが、“Vought+(ヴォートプラス)オリジナル”の全作品が“スーピー”で受賞しました!これは大きな感動であり、驚きの記録です。ディープと一匹の特別でしなやかなタコとの親密な関係を描いた『Her Deepness』をぜひ探求してみては。」

お察しの通り、この「スーピー」なるアワードはエミー賞開催にあわせたパロディ企画。ディープとタコの関係に密着した「Her Deepness」は、2020年アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞に輝いた『オクトパスの神秘: 海の賢者は語る』(2020)の内容を(なぜだか)かけたものだろう。

このほか、Vought+オリジナルの作品としては、セブンのメンバーであるクイーン・メイヴ主演のミステリードラマ「Maeve of Easttown」や、シーズン2に初登場したキャラクター、ラブソーセージ主演のドラマ「Love, Sausage」なども「スーピー」の受賞作品として紹介されている(それぞれ、ドラマ「メア・オブ・イーストタウン」と映画『Love, サイモン 17歳の告白』にかけたもの)。

実際のところ、「ザ・ボーイズ」は作品賞を含むエミー賞5部門にノミネートされており、受賞にも注目が集まっていた。結果的に受賞とはならなかったものの、十分な結果といえるだろう。メインキャストのひとり、ヒューイ役のジャック・クエイドは自身のInstagramで、エミー賞にノミネートされたことに対して、まるでヴォート社(製作側)のやりたい放題ぶりをフォローするかのように、丁寧に?感謝を伝えている。

この投稿をInstagramで見る

Jack Quaid(@jack_quaid)がシェアした投稿

Source: Deadline

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

モーリタニアン 黒塗りの記録

【レビュー】『モーリタニアン 黒塗りの記録』シリアスと娯楽性のバランス ─ カンバーバッチも自ら出演志願した理由とは

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

Ranking

Daily

Weekly

Monthly