Menu
(0)

Search

怪作『クロウ/飛翔伝説』蘇る ─ 『アクアマン』ジェイソン・モモア主演リブート版『クロウ』2019年10月全米公開へ

ジャスティス・リーグ
© JUSTICE LEAGUE and all related characters and elements are trademarks of and © DC Comics. © 2017 Warner Bros. Entertainment Inc. and RatPac-Dune Entertainment LLC. All rights reserved.

『ジャスティス・リーグ』(2017)アクアマン役のジェイソン・モモア主演による伝説的映画のリブート『The Crow Reborn(原題)』が、2019年10月11日に全米公開されることがわかった。米ソニーの発表として、The Hollywood Reporterが伝えた。

これは、1994年公開の伝説的な映画『クロウ/飛翔伝説』をリブートさせるもの。『クロウ/飛翔伝説』は、ジェームズ・オバーによるコミックを実写化したもので、ある日婚約者と共に暴漢によって惨殺されるも、死の国の死者であるカラスの力によって蘇った主人公・エリックの復讐を描く物語。ブルース・リーの息子であるブランドン・リーが主演に抜擢。銃撃シーンを撮影する際、なぜか銃身に実弾が入っており、ブランドンはカメラが回る前で被弾、その後28歳の若さで死亡してしまった。この悲劇が、父ブルース・リーの遺作『死亡遊戯』(1978)にまつわる物語と奇妙に一致するとして様々な憶測を呼んだいわく付きの一作だ。


ジェイソン・モモアは、リブート版『クロウ』で主人公のエリック・ドラヴェンを演じる。監督は映画『ザ・ハロウ/侵蝕』(2015)のコリン・ハーディ。

なお、1994年の『クロウ/飛翔伝説』を手がけたアレックス・プロヤス監督は、撮影中の事故によりブランドン・リーを失ったことに心を痛めており、自身のFacebook上で「ブランドン・リーでなければリメイクする価値はありません」、「これはブランドンの映画のままにしておいてください」と呼びかけていた

Source:https://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/crow-release-date-set-2019-1090317

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly