Menu
(0)

Search

死んだ目のジャッキー・チェン怒涛の復讐劇 ─ 『ザ・フォーリナー/復讐者』公開日決定、予告編映像が到着

ザ・フォーリナー/復讐者
5月3日(金・祝) 新宿ピカデリー他 全国ロードショー © 2017 SPARKLE ROLL MEDIA CORPORATION STX FINANCING, LLC WANDA MEDIA CO., LTD.SPARKLE ROLL CULTURE & ENTERTAINMENT DEVELOPMENT LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.

死んだ目をしたジャッキー・チェンのビジュアルがとにかく気になる最新作『THE FOREIGNER(原題)』が、その邦題を『ザ・フォーリナー/復讐者』とすることが決定した。合わせて、2019年5月3日の日本公開日も発表されている。予告編、ポスター・ビジュアルも届けられた。


完全無欠のアクション・スター、ジャッキー・チェンが今作で演じるのは、ロンドンでレストランのオーナーとしてつつましい生活を送るクァン・ノク・ミン。たったひとりの愛する人、高校生の娘が政治的な無差別テロにより命を奪われたことで、クァンには静かなる怒りがこみ上げていく。犯人を探すうちに、ピアース・ブロスナン演じる北アイルランド副首相リーアム・ヘネシーにたどり着き、テロ関与を疑い復讐を開始する。死んだような顔のまま元特殊部隊のスキルを活かし、政府とテロリストを相手にその謎を徹底的に追っていく怒涛の復讐劇が見どころだ。

ザ・フォーリナー/復讐者
5月3日(金・祝) 新宿ピカデリー他 全国ロードショー © 2017 SPARKLE ROLL MEDIA CORPORATION STX FINANCING, LLC WANDA MEDIA CO., LTD.SPARKLE ROLL CULTURE & ENTERTAINMENT DEVELOPMENT LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.

本作はジャッキー・チェンと『007』ジェームズ・ボンド役で知られるピアース・ブロスナンというハリウッド・レジェンドの真っ向対決が実現。監督は『007/ゴールデンアイ』(1995)『007/カジノ・ロワイヤル』(2006)を手掛け、ブロスナンとダニエル・クレイグのボンド襲名を請け負った手腕を持つ名匠・マーティン・キャンベル監督。脚本は、『エネミー・オブ・アメリカ』(1998)、『ダイ・ハード4.0』(2007)のデヴィッド・マルコーニ。音楽は、『ドライヴ』(2011)や『オンリー・ゴッド』(2014)のアンビエントなサウンドで一躍脚光を浴びたクリフ・マルティネスが務めるという、まさにアクション映画ファンが夢に見たクオリティ完全保障のスタイリッシュ・サスペンスアクションの誕生だ。

ザ・フォーリナー/復讐者
5月3日(金・祝) 新宿ピカデリー他 全国ロードショー © 2017 SPARKLE ROLL MEDIA CORPORATION STX FINANCING, LLC WANDA MEDIA CO., LTD.SPARKLE ROLL CULTURE & ENTERTAINMENT DEVELOPMENT LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.

『ザ・フォーリナー/復讐者』は、2019年5月3日(金・祝)より新宿ピカデリー他全国公開。娘を亡くした失意の中、悲哀漂う表情で次々と敵を倒す、ハードボイルドなジャッキーの姿を堪能しよう。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly