『美女と野獣』『ラ・ラ・ランド』製作陣&ヒュー・ジャックマン主演!新作ミュージカル『ザ・グレイテスト・ショーマン』予告編到着

全世界を席巻した『美女と野獣』(2017)、『ラ・ラ・ランド』(2016)の製作陣による新作ミュージカル映画『ザ・グレイテスト・ショーマン(原題:The Greatest Showman)』の予告編映像がアメリカにて公開された。

本作で主演を務めるのは、現在『LOGAN/ローガン』の演技が非常に高く評価されているヒュー・ジャックマン。映画『レ・ミゼラブル』(2012)以来となるミュージカル映画での歌唱に期待しよう!

本気すぎ!超豪華キャスト&スタッフが結集

『ザ・グレイテスト・ショーマン』は、アメリカの興行師P・T・バーナム(ヒュー・ジャックマン)の人生を描いた伝記作品だ。バーナムは“The Greatest Show on Earth(地上最大のショウ)”を謳い文句にサーカスを生み出した人物で、この文句は1952年公開の大作映画『地上最大のショウ』のタイトルにもそのまま使われている。今回の予告編は、バーナムが仕事を解雇される場面から始まっている……。

また本作には、ジャックマンのほかにも魅力的かつ実力に申し分ない顔ぶれが続々と登場する。バーナムの妻チャリティ役には、『ブルーバレンタイン』(2010)や『マリリン 7日間の恋』(2011)のミシェル・ウィリアムズ。バーナムと契約する歌手ジェニー・リンド役に『ミッション・インポッシブル/ローグ・ネイション』(2015)のレベッカ・ファーガソン。スカウトされる男フィリップ・カーリル役に『ハイスクール・ミュージカル』シリーズのザック・エフロン。そして空中ブランコ乗りのアン・ウィーラー役には、『スパイダーマン:ホームカミング』のゼンデイヤがキャスティングされているのだ。

ミュージカル映画である本作には、冒頭に記した通り、『美女と野獣』『ラ・ラ・ランド』を生んだクリエイターが参加している。『美女と野獣』を監督し、『ドリームガールズ』(2006年)では脚本・監督を兼任したビル・コンドンが脚本を執筆しているほか、劇中曲の歌詞は『ラ・ラ・ランド』でも作詞を担当したベンジ・パセック&ジャスティン・ポールが手がけている(音楽は数多くの映画音楽を手がけてきたジョン・デブニー)。

そんな本作『ザ・グレイテスト・ショーマン』でメガホンを取るのは、今回が初の長編映画となるマイケル・グレイシーだ。テレビCMやミュージックビデオを監督するほか、VFX(ビジュアル・エフェクツ)スタッフとして数々の作品に携わっており、すでに日本のコミック『NARUTO-ナルト-』のハリウッド版実写映画などを監督することも決まっている注目株である。

映画『ザ・グレイテスト・ショーマン』は2017年12月25日より全米公開。早ければ、日本でも2018年のお正月映画として公開されるかも……?

 

Source: http://variety.com/2017/film/news/the-greatest-showman-trailer-hugh-jackman-p-t-barnum-watch-1202480931/
Eyecatch Image: https://www.youtube.com/watch?v=AXCTMGYUg9A サムネイル

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。