デ・ニーロ、アル・パチーノ、ジョー・ペシ!巨匠スコセッシ新作『ジ・アイリッシュマン』撮影スタート!

巨匠マーティン・スコセッシの最新作『ジ・アイリッシュマン(原題:The Irishman)』の撮影がスタートしているようだ。米国の複数メディアの記者であるクリス・エヴァンジェリスタ氏が、自身のTwitterにて撮影現場の様子を投稿している。

『ジ・アイリッシュマン』は、2006年『ディパーテッド』以来、スコセッシが久々に手がけるギャング映画だ。チャールズ・ブラントのノンフィクションを原作に、実在のヒットマンであるフランク・シーランの半生を描くストーリーになるという。
なんといっても本作の目玉は、往年のハリウッドを支えてきた豪華俳優陣が一挙に勢揃いすることだ。CGによる若返りにも挑戦してフランク・シーランを演じるのはロバート・デ・ニーロ、1975年にシーランが殺したといわれる男ジミー・ホッファ役にアル・パチーノ、マフィアのボスであるラッセル・ブファリーノをジョー・ペシが演じる。さらに同じく実在するマフィアのボス、アンジェロ・ブルーノにはハーヴェイ・カイテルがキャスティングされているのだ。
『レイジング・ブル』(1980)や『グッドフェローズ』(1990)などに出演してきたデ・ニーロ&ジョー・ペシがスコセッシ作品に登場するのは1995年『カジノ』以来。ジョー・ペシは2010年をもって実写映画から引退していたところを復帰しての出演となる。

このたびエヴァンジェリスタ氏が投稿しているのは、スコセッシとデ・ニーロ、ジョー・ペシがニューヨークにて撮影に臨んでいる様子だ。1960~1970年代を再現しているであろう美術や衣裳にも注目してほしい。

ちなみに驚くべきは、この映画がハリウッドの巨大スタジオ中心ではなくNetflixの出資によって製作されていることだ。何を隠そう、巨額を投じてデ・ニーロの若返りを実現することはスタジオ製作の映画にはできなかったという。米Deadlineによれば、Netflixは本作の製作費として1億ドルの投資を行ったといい、これにはデ・ニーロも感激の意を表している。

映画『ジ・アイリッシュマン』の劇場公開時期は不明。ちなみにNetflix製作ということは、劇場公開が行われるにせよ、同日には全世界のリビングに配信されるということである。

Sources: http://screenrant.com/martin-scorsese-robert-de-niro-and-joe-pesci-reunite-in-irishman-set-photos/
https://deadline.com/2017/08/robert-de-niro-madoff-trump-emmy-1202152797/
Eyecatch Image: https://twitter.com/cevangelista413/status/911326638494961666

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。